ひなちゃん5しゃいが整形した理由を号泣しながら語る!衝撃の告白!

【ひなちゃん5しゃい】地雷系メイクや量産型メイクをプチプラコスメ中心にしてする動画を投稿する美容系Youtuber。 今回は自分の整形も動画で実況するひなちゃんが整形する理由を告白します。動画の途中から思わず号泣するほどの辛い過去や、整形する理由を告白していて、いま整形を考えている人や整形否定派の人にも見てもらいたい動画です。

 

ひなちゃん5しゃいが整形した理由

幼少期・小学校時代のひなちゃん

まず、いつもテンション高めなメイク動画からは想像もつきませんが、ひなちゃんは昔人見知りな子だったそうです。
ですが、友達を笑わせることが好きで、給食の時間には面白いことを言ったりして周りを笑わせるのが好きだったといいます。
ご両親に愛され、幸せな幼少期だったそうです。

そして小学校のときは、クラスの男子に「顔がデカイ」と言われてから、この動画を撮った時までおよそ10年間、前髪を上げるのをやめてしまうほど、人に言われたことを気にしてしまう性格だとも言っています。
人に言われる些細なことでも傷ついてしまうことってありますよね。

見た目のコンプレックスが芽生えた中学時代

中学校でひなちゃんは歌が好きなところから演劇部に入部しました。その演劇部の先輩は美女が多く、「自分の身近にこんなに可愛い人がいるのか!」と衝撃を受けたそうです。
そのあたりから見た目に対する意識が芽生えたとひなちゃんは言います。

そして中学校3年のときに付き合った男の子に容姿を馬鹿にされたことがあったそうです。
それがかなりショックでその男の子とは別れてしまいました。自分でも悩んでいる容姿を馬鹿にされれば別れるのもわかります。
これがきっかけでひなちゃんは容姿に対する強烈なコンプレックスを抱えることになるのです。

中学校3年という大事なときにこんなショックな出来事があり、とても病んだそうですが、そこでひなちゃんは「勉強頑張ろう」と決意しました。
その結果偏差値は20も上がったそうです。勉強なんて手につかなくなりそうですが、とても頑張り屋な性格だと思います。

高校でさらに世界が広がってコンプレックス悪化

ひなちゃんの入学した高校は文化祭がすごく盛んな高校で、ファッションショーやダンスショーがあったそうです。
そんな学校ってかわいい子が多いんですよね。中学生くらいまでは自分の容姿はまあ可愛い方だとひなちゃんは思っていたそうですが、女子のレベルが高い高校で完全に打ちのめされてしまいました。

ショーのメンバーに選抜され、ステージ上でキラキラしている友達を見て、「自分はなんてちっぽけで惨めなんだ」と思ってしまい、劣等感に悩まされます。
劣等感も抱えながらも普通に恋愛したり、クラスメイトには愛されていたりと決して不幸な高校生活ではなかったそうですが、この劣等感が後の人生でもかなり長く尾を引くことになりました。

大学受験の勉強も手につかない

メイクの研究をしだしたのもこの頃なんですが、大学受験の勉強をしなければならない時期にコンプレックスが大爆発してしまいます。
勉強をしないといけないのに鏡を見てしまったり、Twitterで美容情報をあさったり、部屋を真っ暗にして布団にこもってしまったりしたそうです。

さらに、「やらなければならないことを置き去りにしてまで容姿が気になりすぎる自分」にも自己嫌悪し、高2からコツコツ勉強を頑張ってきた自信も消え失せて、第1志望に受かる希望も見えなくなってしまいました。
それが原因で一時期不登校にもなったそうです。心配した友達を泣かせてしまったりと周りもかなり心配したとひなちゃんは語っています。

結局第1志望には落ちてしまいましたが、大学には受かって大学生になります。

病みまくった大学時代。とうとう整形を考える

大学時代には可愛くなるためにメイクや服装なども研究を重ねていたそうです。
ですが、その頃家庭でちょっと色々有り、さらに1年半付き合った彼氏とも別れてどん底になり、精神的にかなり弱ってしまったと語ります。

そんな状態なものだから、男性関係でもかなり失敗をしてしまって、特にすごく好きな人に依存してしまったことが原因で振られてしまいました。
楽しい大学生活を送ろうとサークルにも入ったんですが、そこでもうまくいかず行かなくなってしまいます。

夜の仕事も初めて、見た目でジャッジされる世界に飛び込んだのもあって精神的にはかなりのダメージを負ってしまったそうです。
そのあたりから、整形について考えるようになったと言います。
弱い自分を捨て、人に依存しない自分になりたい、人生を変えたいと強く思ったそうです。

自分を変える方法は他にもあるかもしれませんが、容姿のコンプレックスがあまりに大きすぎて、「自分を変えるには可愛くならないと!」とひなちゃんは整形を決意します。

整形代を貯めるための壮絶な生活

ひなちゃんは決意したことに対して努力を惜しまない性格です。
整形を決意し、夜の仕事は多い時で週6出勤していたとか。さらに大学にもちゃんと通っていますからほぼ寝ていない日も多かったと思います。
自分を変えたい、その意思でお金を貯め続けました。
ダイエットもして、仕事の合間には整形のクリニックの情報集めと片時も休まる暇がないですよね。
その努力が実を結び、ついに整形することができました。

整形をした今思うこと

「整形をして、強くなれたかわからないけど、してよかったと思うし、もう見た目のせいにしてチャレンジできない自分が嫌だった」とひなちゃんは涙ながらに語ります。
そもそも演劇部をしていたくらいだから人前に立つのは好きだったはずです。Youtuber活動もずっとやりたかったけど、容姿のコンプレックスで好きなことに踏み切れなかったんですよね。
「応援している人にすごく感謝している」とひなちゃんは語っていました。

整形は否定する人もいますが、ひなちゃんのように整形をして自信をつけることでやっと本来自分がやりたかったことができるようになった人もいますよね。
ひなちゃんはほかの動画で整形手術のレポなどもしていて、それに勇気づけられた人もいると思います。
これからも素敵で可愛いメイク動画を楽しみに見ていきたいです。

【涙】私の過去について【写真付き】

【涙】私の過去について【写真付き】
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事