ビジネスマン必見!生産性爆上がり高速タイピング術5選!

【ハック大学】ビジネスマンにとって役立つコンテンツ動画をイラストを使ってわかりやすく配信するチャンネル。今回の動画ではビジネスマンに必須の高速タイピングについてです。タイピングを早くする基本動作から練習方法、裏技まで5つ紹介します!タイピングを高速化させて仕事効率を上げましょう!

 

タイピングを高速化する方法

今回はデスクワークに欠かせないタイピングを少しでも早くする方法をまとめた動画になります!

そもそもタイピングって早くないといけないの?と疑問に思う方もいるかもしれません。
必ずしも早くなくてはいけない、というわけではありませんが、デスクワークをしている人がタイピングが早くなることによって得られるメリットは大きいと考えます。
高速タイピングはすべてのビジネスマンに推奨したいと思ったのです。

タイピングが早くなることによって得られるメリットは以下の通りです。
・文章を打つ時間が短くなり、作業効率が上がること
・思考に集中できるため、知的生産性があがること

メリットがわかったところで、どうすれば高速化できるのかを3つのステップで見ていきましょう。

タイピングを高速化する方法①:決まった指でタイプする

どのキーをどの指で押すのかを覚える。
タイピング基本ポジションは
・左手人差し指をF
・右手人差し指をJ
の位置になります。
どのキーをどの指でタイプするのかを固定することは必要不可欠なポイント。
このホームポジションに従って、キーの位置とタイプする指を覚えましょう!

タイピングを高速化する方法②:キーボードを見ないでタイプする

次はキーボードを見ないで打つ練習をしましょう。
見ないで打つというよりはキーの位置を体で覚えるようなイメージです。
これが出来れば無意識のうちに文章が打てるようになります。
体で覚えて正確に打てるようになれば、タイプミスによる打ち直しのロスを減らすことも可能。
タイピングが遅くなる原因の1つがタイプミスによるものなので、何度も反復して練習することで最終的なタイピングスピードが向上していきます。
速さの練習より、先に正確さを重視して練習しましょう。

タイピングを高速化する方法③:最適化を覚える

早く正確に打てるようになってきたら、最適化を覚えます。
最適化とは打つ単語や文字に合わせて変則的に押す指を変えるテクニックのことです。
状況次第でもっと速く楽に打てる指の動きを追加で覚えるというもの。
最適化でよく使われるものをいくつかご紹介します。
・「ん」を「x+n」で入力
・「b」の右手入力
・「y」の左手入力
・「yu」,「hu」の「n」を中指で入力
他にも最適化キーはたくさんありますが相性のようなものもあるので、自分の打ちやすい最適化を覚えておくことをおすすめします!

タイピングを高速化する方法④:写経・文字起こし

こちらはタイピングの効果的な練習方法になります。
練習はタイピングゲームでいいのでは?と思われますがおすすめしません。
理由は
・バックスペースで戻って打ち直しがないこと
・日本語入力特有の漢字・カナ変換というプロセスが含まれていないこと
・画面に表示されるローマ字のガイドを基準に入力する仕様であること
正確にタイピングするだけでは誤字がゼロの正確な日本語が入力できるわけではないからです。
文章作成の速度を向上させるためには、変換も含めたタイピング練習が必要。
タッチタイピングをマスターする上では、ローマ字でキーを覚えるのではなく、日本語とキーをリンクさせて指の動きを覚えるべきなのです。

写経と文字起こしの練習法

写経:仏教の経典を筆で書き写す修行法が語源で、文章をまるっと書き写す行為のこと
文字起こし:耳で聞いた文章を文字化すること
ことらの練習方法は実際の文字入力とほぼ同じなので、日本語のタイピングスキル飛躍的にあがっていきます。

写経のメリット
・参考にしたい文章を書き写すことで、自然と文章の癖や、言い回し、全体の構成などをインプットできる
文字起こしのメリット
・聞いて頭に浮かんだ日本語を即座に入力し、スピード感が求められるため、総合的にタイピングスピードを鍛えることが出来る

タイピングを高速化する方法⑤:辞書登録

よく使う文章を定型文として登録することで文章作成のスピードを向上させることができます。
こ→こんにちは、こんばんは
あ→ありがとうございます
などとよく使う文章を登録すると一瞬で入力できるようになるため、文章作成作業の1割~2割程度を削減できるのです。

【効率爆上げ】タイピングを超高速化する方法

【効率爆上げ】タイピングを超高速化する方法
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事