生産性爆上がり!?環境を一気に変える簡単片付け術4選

【ハック大学】ビジネスマンにとって役立つコンテンツ動画をイラストを使ってわかりやすく配信するチャンネル。集中力があがらない、仕事の生産があがらない。などの悩みを持っている人、それは部屋やデスクが散らかっているからかも!?今回の動画では誰でも簡単に片づけ上手になれちゃう方法を4つ紹介します!

 

環境を一気に変える片付け術

片付けの重要性は部屋やデスクは片付けをしなければ当然散らかっていきます。
散らかっている部屋のデメリットは「不衛生」「生産性の低下」などがあげられます。
視界がゴチャゴチャしてしまうことによって、ストレスを感じ集中力が低下するだけでなく、探し物に時間がかかり作業が中断してしまうことが原因です。
1日の中で書類を探す時間は平均で20分、年間だと80時間にもなるそうで、それだけではなく探し物などで作業が中断してから再び集中力を取り戻すまでに平均23分15秒もかかると言われています。
自分の考えを変えるよりも環境を変えるほうが簡単で手っ取り早いので、今回紹介する片付け法で環境を変えてみましょう。

片付け術1:収納グッズを減らす

オフィスだとペン立てや仕分けのためのケース。
家ではラックやカラーボックスを指します。
最終的に収納グッズを今より減らそうという目標で片付けをしていきましょう。
そもそも片付けとは「収納」と「処分」です。
必要なものは特定の場所に収納し、不要なものは捨ててしまう。
必要なものだけを残して、使いたいときに使いやすいように収納しておくというのが片付けの本質です。
収納グッズが多いと収納があるから物が増えるとということになってしまいます。
収納を減らす意識を持つことが重要です。

片付け術2:赤札作戦

この方法は簡単にいうと、「いつか使う」のいつかを見える化するテクニックです。
今後使うのか?使わないのか?個別に整理する必要があります。
片付けが苦手で部屋を散らかしがちな人ほど、いつか使うからという理由で処分できないことが多いです。
シーズン物の洋服など確実に使うものなどもありますが、大体のものは次にいつ使うかわからないものがほとんどのはず。
その「いつか使う」の期限を決めてその一定の時間が経ったら使わないものと判断して容赦なく処分するということが、この赤札作戦。
処分するまでの執行猶予期間を決める片付け術です。

片付け術3:日用品を捨てる

日用品はあると便利だし、結構使うと考えて処分できないことが多いのですが、意外となくてもよかったりするのです。
あったら便利だけど、なくてもいいというような物があなたの周りを散らかしています。
その意識を改め、毎日ほど使わない日用品は、使わなくても大丈夫な方法を考え数を減らしていくことをおススメです。
持たなくてもなんとかなる方法をできるだけ考えることが「物を減らすために」大事な考え方です。

片付け術4:視界を整理する

視界を整理することは片付けの最後の仕上げとも言えます。
理由はストレスを軽減するためです。
脳は1秒間で数多くの情報をインプットしています、脳に入ってくる視覚情報が増えるとストレスを感じてしまいます。
作業中であれば、これが集中力低下の原因になりうるのです。
それを防ぐためにも視界をなるべくシンプルにしておくことをおすすめします。
不要なものを処分出来たら最後は視界に物が入らないように工夫していきましょう。
具体的には
・インテリアの色合いを統一する
・引き出しの中に物を入れる
・中身が見えない収納を使う
・配線カバーなどを使って隠す
要するに視界がスッキリすればそれでOKです。

【断捨離】環境を一気に変える片付け術

【断捨離】環境を一気に変える片付け術
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事