スマホ依存は生産性を下げる!?スマホ依存から脱却する方法6選

【ハック大学】ビジネスマンにとって役立つコンテンツ動画をイラストを使ってわかりやすく配信するチャンネル。生活するうえで欠かせないスマホですが、ついつい触ってしまう気になってしまうという人は仕事の生産性を下げているかも!?今回の動画ではそんなスマホ依存から抜け出す方法をわかりやすく6つ紹介します!

 

スマホ依存から卒業する方法6選

現代社会、ほとんどの人がスマホ依存だと言われています。
アメリカの研究によりますと、人が一日にスマホを触る回数は2617回。
ヘビーユーザーは5427回。
その累計時間は年間288冊も書籍が読めるほどだそうです。
それほど人間にとってスマホは浸透しているということですが、大量にスマホに時間を使っているとデメリットも多くあります。
・通知が気になり、作業中断の原因になる
・通知や光の刺激がドーパミンを過剰分泌させ、集中力が低下する
・大量の情報が入ってくるため脳疲労の原因になる
・マルチタスクの原因になる
・スマホのタッチパネルは汚く衛生的に悪い
・人間関係が悪化する原因になる
スマホ依存には生産性が落ちるという点以外にもかなり深刻な問題が潜んでいるということです。
そこで今回の動画ではスマホ依存を防ぐための具体的な方法を6つ紹介します。

脱スマホ術1:グレースケール

このグレースケールとはスマホに標準搭載されている機能で、スマホを白黒表示にすることが可能です。
スマホ依存の原因の1つに、光による刺激があります。
人は強い光、鮮やかな彩りを見ると視覚的満足感を得られます。
この視覚的満足感を逆に利用して、スマホをモノクロにして魅力がなくなりスマホの使用頻度を減らすことができます。
禁煙で例えるとあえて美味しくない煙草に変えることです。

脱スマホ術2:通知オフ・サイレントモード

スマホの通知は「ドーパミン」を大量分泌させることがわかっています。
内容を確認した時ではなく、通知オンを聞いただけで分泌されます。
ドーパミンを過剰分泌を繰り返すと同じ刺激を何度も求めるようになります。
その結果スマホの通知オンに過剰反応してしまうのです。
その対策として通知オフやサイレントモードにすることが最も効果的な方法です。
禁煙で例えると、煙草を視界から消し一切考えないようにするということと同じです。

脱スマホ術3:アプリの断捨離

あなたのスマホにはあまり重要ではないのについ開いてしまうアプリはないでしょうか?
そのようなアプリはどんどんアンインストールしてしまいましょう。
スマホにはいろんな機能がついており開けばなにかしらのアプリが目に入るからです。
その他機能性が私たちを苦しめる原因になってしまっています。
その対策として、アプリの数を減らしてスマホを使う目的を限定的にしてしまうことで自然とスマホを触る回数を減らしていくことをおススメします。
禁煙で例えると、喫煙所の数を減らして煙草を吸う機会を減らすようなイメージです。

脱スマホ術4:タイムロッキングコンテナ

これはタイマーがついた箱で一度ロックすると設定した時間にならないと壊さない限り開けられないようになっています。
これを作業中に使うことで、スマホを操作したくても出来なるので、
作業に集中したいときに有効な対策です。
禁煙で例えると、仕事中には絶対に煙草を吸えない環境にするといたった感じです。

脱スマホ術5:監視アプリ

スマホの使用時間などを一括管理するアプリでたくさんの種類があります。
スマホの使用時間が時間ごととアプリごとに表示され、自分がなんのアプリをどれくらいの時間使っているのかが確認でき、アプリの使用時間に応じてアラームをリマインド設定することができるのです。
これによって自分が使いすぎていると思ったときは、1日何時間までと決めてそれ以降は使えないように設定することが可能。
禁煙で例えると、他の誰かに煙草の本数を管理してもらうという感じです。

脱スマホ術6:電源オフ・携帯しない

これが最も効果が高く、根本解決になると考えています。
ついついスマホを触ってしまう人でも、スマホが使えなければ触ることができません。
依存症の多くは長くても48時間が禁断症状のピークでそれ以降は落ち着くと言われています。
その理論にならって48時間まるまるスマホを使えない環境にすることをおススメします、できれば電源すら入れられないように携帯しないのがより効果的だと考えています。
生活に支障が出てしまう可能性があるので、勉強中や散歩中など期間を決めて徐々にスマホを持たないことに慣れていくのがいいでしょう。
禁煙で例えると、期間を決めて煙草を一切吸わない買わないとするイメージです。

【脱スマホ】スマホ依存から卒業する方法6選

【脱スマホ】スマホ依存から卒業する方法6選
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事