キャンプ場でひと際目を引く斬新デザイン焚き火台!TOKYO CRAFTS – KUBERU –

【タナちゃんねる】キャンプ道具の比較レビュー、実際のキャンパーさん100組以上取材した動画や自身でもソロキャンを行い設営やキャンプ飯などアウトドア動画を投稿。今回の動画ではタナがプロデュース、設計を手掛ける焚き火台KUBERUの開封レビュー動画。斬新デザインでかっこいい焚火台です

 

TOKYO CRAFTS  焚き火台 – KUBERU –

今回の動画はタナちゃんねるのタナがプロデュースと設計から関わっているブランドの焚き火台の第二弾の紹介です。
ほぼほぼ完成の状態で届きたての焚き火台をプロデュースした本人のタナが開封レビューしてくれます!

とてもコンパクトに収納されている焚き火台。
今回は試作品ということでパッケージもなにもないですが、販売時はきちんとパッケージに包装してお届けします。
前回の第一弾では薪をくみ火を入れた時にうまく燃えなかったというマイナス面を今回の第二弾では改善されてるので、とても楽しみに焚き火台を組み立てます。

TOKYO CRAFTS 新焚火台 – KUBERU –  部品紹介

・焚火台の本体(受け皿)メインの薪を入れる部分
・その下につける脚の部分
焚き火台の下に脚をひっかける感じで組み立てます。
脚と本体の部分をしっかりと嚙み合わせているので、大きい重量を乗せても大丈夫なので押してもずれることはありません。
斜めになっているデザインは斬新でかっこいいですね。

付属品:五徳

付属としてついているのが、ステンレス製の二枚の細い板です。
こちらはなにになるかといいますと…
鍋やフライパンを置くための五徳になるのです!
焚き火台の本体に7個のはめられる場所があります、こちらに調理器具に合わせて設置し調理することが可能。
小さいサイズのケトルや大きいダッチオーブンにも対応しています。

スリット

そして第二弾での一番の改善ポイントは「スリット」の増加。
本体に通気口をたくさん作ることによって、薪が燃えやすくなるのです。
空気孔の形や開ける場所をすごい様々なパターンを出して、何が一番空気を通して不完全燃焼が起きないようにするのか研究をかさね完成したそうです。
本体の底の部分や横など数か所にスリットがあり、薪がとても燃えやすい作りになっています。

TOKYO CRAFTS 新焚火台 – KUBERU - 実際に使用

第一弾の時より燃焼効率が別物といっていいほど違うそうで、かなり改善されています。
スリットを開けることにより、空気が通り薪を組み替えたりしても火が弱くならず不完全燃焼も起こりません、そして五徳も細い板にしたおかげで新しい薪を横から入れやすくなり機能性も抜群の仕上がりです。

燃え終わった灰の片付け方法

焚き火を終え残って炭や薪の灰の片付け方法も紹介してくれています。
脚の部分をそのまま持ち上げてちり取りみたいな形になっているので、そのままごみ捨てや火消壺などにそのまま入れることで簡単に片づけることができます。
脚と本体がきちんとくっついている状態でないと危ないので要確認です。
火を使っていた焚き火台ですので注意して持ってください。

収納方法

組み立ての時と同じで本体と脚の部分を取り外します。
脚の先に尖っている部分があります、尖った部分を本体のおしりのほうへ差し込みます。
そうすると脚と本体がお弁当箱のようにぴったりとはまってコンパクトに収納することができるのです。
付属品の五徳も中にぴったりと納まります。

焚火台 – KUBERU – 事前予約ページ

今回はタナプロジェクト第一弾として焚き火台でしたが、チームTANAでは焚き火台を起点に色々なものを作ろうとしています。
ランタン・スパイス・テント・コーヒーグッズetc
新生キャンプメーカーとしてファーストプロジェクトの焚き火台 – KUBERU – 皆さんも是非手に入れてみてはいかがでしょうか?
Makuakeというクラウドファンディングで予約開始していますので興味を持たれた方は是非ご予約を!

新焚火台 – KUBERU – 詳細紹介🔥2/19 14時予約開始👍TOKYO CRAFTS 【キャンプ道具メーカー】

新焚火台 - KUBERU - 詳細紹介🔥2/19 14時予約開始👍TOKYO CRAFTS 【キャンプ道具メーカー】
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事