教育現場・子育てにも役に立つ!年下に話を聞いてもらう話術5選

【メンタリストDaiGo】マシンガントークで展開する日常生活などでとても役に立つ心理分析を発信するチャンネル。部下が仕事で話を聞いてくれなくて困るといった経験はありませんか?今回の動画では部下や年下の人に対して使える話術5選を紹介します!

 

部下が話を聞くようになる話術5選

上司より部下に対しての対応の方が難しいと言われています。
なぜかというと上司や年上に対しては、上手におもねれば動いてくれる人は結構いるのですが、部下は難しくて自分より年下の人におもねるわけにもいきませんし、頭ごなしに注意しても
聞いてるふりはするけど聞いてくないわけです。
こんな悩みを持っている人はたくさんいます。
ではどうしたら部下や年下の人が話を聞いてくれるようになるのでしょうか。
今回の動画ではメンタリストの観点から5つ方法を紹介してくれます。

1:失敗談から話す

上司や年上の人は自分のダサい姿は見せたくなく、自分の英雄談や成功体験を聞かせることが多いと思います。
話を聞いてもらうためには、まずは
自分もあなたと同じなんだよ。
あなたと同じに悩んでるし、苦しかったし、失敗した時期もあったんだよ。
と伝える必要があります。
相手に話を聞いてもらいたければ、自分も同じ失敗をしていたんだよね。と逆に言うのです。
自分の失敗談を出すことによってぶ部下に対して自分と同じそんなことで悩んでたんだ!じゃあ自分のことわかってくれるはずだから、聞いてみよう!となるわけです。
人間は自分の苦しみをわかってくれる人に話を聞いてもらいたい性質を持っているので、自分の失敗談を話すことはとても大事なことです。

2:他人を助けさせる

ダメな部下に他の人を助けるように指示をするのです。
話を聞かないダメな部下に他の人を助けさせるとモチベーションがあがることがわかっているそうです。
特に同じ問題を持っている人を助けさせると効果があがります。
これは自分の問題を客観視するということ出来るようになるのです。
こうすることによってモチベーションがあがり話も聞いてくれるようになる。

3:アドバイスシーティング

アドバイスシーティングとはアドバイスを求めるというテクニックです。
人間はアドバイスをくれる人を好きになるのではなく、アドバイスしてあげた人のことを好きになるのです。
嫌いな人のことは助けません、でも好きな人のことは助けますよね?
嫌いな人をうっかり助けてしまうと脳がその人を好きだったんだ!と思い込むようになります。
上手に相手に助けてもらうことによって、相手との信頼関係を築くことができるのです。
なんでもいいので部下や年下の人にアドバイスをしてもらうと相手に好きなってもらって、話を聞いてくれるようになります。

4:エンドユーザーに会わせる

自分たちの仕事でどういった人が助かっているのかがわかっていないと人間はやる気が出ません。
当然やる気が出なければ、仕事もできないし上司の話も聞きません。
エンドユーザー自分の仕事で助かっている人の姿を見ることで仕事へのモチベーションがあがり話を聞いてくれるようになるのです。
会わせることが難しければ、この仕事で助かっている人の写真を見せたり、ストーリーを聞かせることでも効果があります。

5:アサーション

簡単に言うと、相手を傷つけないように言いたいことをきちんと伝えるテクニックです。
つまり相手を傷つけないから、問題も起きづらいし相手が話を聞きません!という状態にならないようにするテクニックだそうです。
このアサーションについてはとても長くなってしまうため、詳細はDaiGoが運営している知識のネットフリックス「Dラボ」で詳しく解説していますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

本日の参考書

GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代
出典: youtube.com
GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代

¥1980(税抜)

※最新の情報は商品ページをご確認ください。

DaiGoも尊敬している天才的な研究者の書籍。
今回の動画の人を助けさせるについての参考としてとてもおススメしていた本です。
他人に与える人、他人を助ける人はどういったメリットを得られて、どういうふうに成功を得られるかということが書かれているそんな本です。
0がひとつ多くても買ってもいい本だそうです。
今回の動画と併せて参考にしてみてください。

【不思議と】部下が話を聞くようになる話術TOP5

【不思議と】部下が話を聞くようになる話術TOP5
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事