瀬戸弘司の自作PCにまさかのトラブル!?初期不良で部品の取り外し編!

【瀬戸弘司 / Koji Seto】ガジェット、ゲーム、音楽、食事と幅広く紹介するYouTuber。自作PCを作成中の瀬戸さんですが、購入した部品に初期不良が発覚したため、パーツを取り外していく事になりました。

 

「初期不良系ユーチューバー、瀬戸弘司です。」と言う挨拶と共に現れた瀬戸さん。
マザーボードにCPUとSSDを装着した所だったのですが、そのマザーボードに初期不良が発覚したそうです。
一体どういう事なのでしょうか?

何が初期不良だったの?

SSDを取り付ける“M.2スロット”の裏面についている、サーマルパッドが途中で切れていたそうです。

サーマルパッドはSSDから出る熱を逃がす役割を果たすもので、本来は端から端までついている物だそうです。
初めてPCを作る瀬戸さんは不思議に思いつつ見逃していたそうですが、動画にした事で視聴者の方から教えてもらったのだとか。

またマザーボードを製作している会社の「ASRock」社さんから直接、代替品をお送りしますと連絡を頂いたそうです。
サーマルパッドのみ交換する事もできるようですが、「ASRock」社さんから連絡して頂いた事もあり今回は交換という事にしたようです。
瀬戸さんがカスタマーセンターに連絡し、事情を説明。
購入したAmazonから返品し、代替品を送ってもらう事になりました。

返品準備

Amazonへ返品するための集荷を明日にしてしまった瀬戸さん。
急いでマザーボードからSSDとCPUを外さなければなりません。

実は初期不良の他に、自身で致命的なミスをしていた事が発覚します。
なんと、2か所めの“M.2スロット”の保護フィルムを剥がし忘れていたのです。

幸い動画撮影を終えてから思い出したそうですが、もしそのままだとフィルムが解けたり焼ききれたりする可能性があり危険との事でした。

SSD取り外し

ネジを外し、SSDを取り外していきます。
サーマルパッドがすでにSSDと密着しているため、取り外しには少し力がいるようです。
1つめの“M.2スロット”を外し背面を見ると、確かにサーマルパッドが短くなっています。

本来は左下のポッチまでサーマルパッドが無ければいけない様ですが、これは途中で途切れています。
まったくの初心者であれば異変を見抜くのは難しいでしょう。
取り外したSSDは、元のケースに保管しておきます。

またSSDについていたシールについて、剥がすべきか否かというコメントも来たそうです。
剥がすと補償対象外になる、気にせず剥がすという2種類の意見があったそうです。
正解はわからないものの、個人の判断による所が大きいようです。

CPU取り外し、のはずが!?

次はCPUを取り外して行きます。

実はこのCPU、組み立てた際に埃が気になり引き抜こうとしたのですが抜けませんでした。
視聴者の方によれば、「レバーの持ち上げ方が甘かったのでは?」との事で、早速アドバイスに従って挑戦してみます。

それでも中々抜けません。
CPUの背面には大量の細かいピンがあり、それが刺さる様にハマっています。
上に真直ぐ引き抜かなければ駄目なのでは…?と考えた瀬戸さん。
先ほど解体したサーマルパッドの粘着力を利用して引き抜こうと思いつきます。

背面に張り付けて、真直ぐ上に引っ張ると見事抜けました!
1か所でも破損があれば使い物にならなくなってしまうため、破損は無いかとカメラの前で入念にチェックします。

すると…!

1本だけ折れてしまいました。
瀬戸さんが購入したRyzen 9 5950XというCPUは入手が難しく、高価なためショックも大きいようです。
指で直そうとしますが素人判断は良くないと、視聴者の方に改善方法があれば教えて欲しいと呼びかけます。

返品準備完了

パーツを取り外し、マザーボードと付属のネジも元の箱に戻しました。
後は集荷を待つだけとなりました。

今回は初期不良というイレギュラーな事態でしたが、しっかりと交換してもらえて良かったですね。
しかしCPUを破損してしまいとても落ち込んだ様子で、ちょっと心配にもなってしまいました。
なんとか改善策を見つけて、引き続き自作PC完成への道を邁進して欲しいですね。

【悲劇】初期不良系ユーチューバー、自作PCでとんでもないミスをやらかす。

【悲劇】初期不良系ユーチューバー、自作PCでとんでもないミスをやらかす。
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事