その仕事楽しいですか?本当にやりたい天職の見つけ方5選

【メンタリストDaiGo】マシンガントークで展開する日常生活などでとても役に立つ心理分析を発信するチャンネル。今回の動画ではやりたいことが見つからない、なにをやったらいいかわからない人へ心理学をもとにした、自分が本当にやりたいことの見つけ方を紹介。仕事や趣味で悩んでる人には参考になること間違いなし!

 

今回はメンタリストDaiGoが、自分のほんとうにやりたいことの見つけ方5選を紹介してくれます。
自分がなにかやろうと思ったときに、本当にそれはやりたいことなのかやりたいことってなんだろうと思ってる方は必見です。
それではやりたいことの見つけ方の基準になるような条件5選をみていきましょう。

天職の見つけ方5選

最初からこれがやりたいことだとわかることはないので、やってみてある程度上達するまで続けてみて楽しいかどうかはそれから判断するほうがいいと様々な研究で言われています。
やってみないとわからないことがほとんどで、多くの人は、本当にやりたいことかどうかを判断するのが早すぎる人が多いのです。

人間がやりたいことが見つけるのはたまたま。という理由がほとんどで、ほんとうにやりたいことをやっている人の8割はたまたまだそうです。

しかし自分がなにかを始めた時に、これが本当にやりたいことなのかどうかを自信を持たないと成長もしないし成果もでないでやめてしまいます。
自信をもってこれはやりたいことだと言えるような条件・探し方5選をご紹介します。

1:過程が楽しいこと

ほとんどの人はお金を稼ごう!や成功しよう!などゴールを目標にします。
ゴールは大事ですが、ゴールの前にやっていく過程が楽しいかで判断したほうがいいです。
ゴールを経験している時間よりそこに至るまでの過程のほうが人生の中で長いわけです。
本当にやりたいことというのは、結果がほしいものか決めるのではなく、過程がやりたいことか過程の喜びを求めているかということを考えると自分のほんとうのやりたいことが見つけやすくなるそうです。

2:他人と無関係になりたいかどうか

他人とは評価やお金といったもの、他人からもたらされるものと無関係になりたいかどうかで、これは内発的動機付けという言い方を心理学ではいいます。
自分のうちから湧いてくるモチベーションでやっているかが重要で、人から評価されたいお金が欲しいという欲で活動してしまうと大体挫折してしまいます。
自分の内側から湧き上がってくる、好奇心が他人と無関係にそれをやりたいかどうかということが成功の指標になるということで、仕事でも趣味でもどっちも好奇心を感じられるということが重要なポイントになってくるそうです。

3:リスク、不安、心配を楽しめるかどうか

人間は好奇心と不安の競り合いで生きている生き物です。
新しいことを始める時には必ず不安が付きまといます。
そこで逆に不安やリスクはあるけれど、それすらも楽しめる好奇心が湧いてくるそうで、その好奇心と不安をバトルさせて、好奇心が勝てる場合はほんとうにやりたいことです。
リスクや不安を超える好奇心はとても大事で失敗しても次につなげられる需要なポイントだそうです。
多く人はリスクにチャレンジするからこそ、成功するという風に言いますが実際はリスクを乗り越えられる好奇心を感じられるかが大事なので好奇心を感じられることを探してみましょう。

4:成長が感じられるかどうか

モチベーションを保つためには、少しでもいいから前に進んでいるという感覚がモチベーションを保つ!と研究であきらかになっています。
勉強でも仕事でもわずかでも進んだという感覚がモチベーションを作ってくれるのです。

5:性格にあっている

自分の性格を理解しているかどうかで、ほんとうに自分がやりたいことはある程度は絞ることができます。
職業別で成功しやすいあるいは多い性格というのがあるそうで、性格によって職業選択や趣味や行動選択がかなり行われているので、自分の性格を理解して自分の性格に合う仕事のジャンルを絞っていったほうが早くほんとうにやりたいことを見つけることができるようになるそうです。

いかがでしたか?DaiGoの天職の見つけ方。
ほんとうにやりたいことが見つからないという方は今回紹介してくれた5選を意識して、仕事や趣味を探してみてはいかがでしょうか。
きっと好奇心が湧いてくるものが見つかるかもしれませんね。

その仕事、続ける価値がありますか?【天職の条件TOP5】

その仕事、続ける価値がありますか?【天職の条件TOP5】
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事