人気シリーズ!至高の肉うどんのレシピを伝授!

【料理研究家リュウジのバズレシピ】バズる料理を中心としたクッキングチャンネル。今回はペペロンチーノを作ります。今回は体温まる至高の肉うどんの作り方を紹介します。

 

至高の肉うどんのレシピを伝授!

今回はリュウジの至高シリーズの回です。
だしで仕上げた甘辛に似た牛肉を使ったうどんを作ります。
今回は少し手間がかかってしまうようですが、味は折り紙つきなのでぜひ試してほしいそうです。

肉うどんで使う材料

冷凍うどん1玉
白だし:大さじ2杯
水:230cc
醤油:大さじ1杯
酒:大さじ1杯
みりん:大さじ1杯
水:大さじ1杯
砂糖:小さじ2杯
オイスターソース:小さじ1杯
牛脂:半個
牛肉:120g
生姜:5g
仕上げに小葱、七味

肉うどんの作り方

しょうが(5g)を皮ごと千切りにします。
千切りにすることで香りが立つそうです。
しょうがは体を温める効果があるので、うどんと相性もピッタリなのでおすすめのようです。

肉うどんの肉を仕込む

続いては、肉うどんのお肉を作っていきます。
鍋を用意し、お肉(120g)を手でちぎりながら入れてます。
次に、しょうゆ(大さじ1杯)、酒(大さじ1杯)、みりん(大さじ1杯)、砂糖(小さじ2杯)、千切りにしたしょうがを入れます。
牛脂(半分)入れ、最後に水を大さじ1杯入れたら煮込んでいきます。

至高肉うどんのポイント3つ!

ここでリュウジの至高のうどんをおいしく作るポイント3つを紹介します。
1つ目は鍋にお肉を入れた際にオイスターソースを小さじ1杯いれます。
オイスターソースを入れることで深みと旨みを引き出してくれるそうです。
2つ目は具材については玉ねぎやこんにゃくを入れても美味しいそうです。
3つ目はアクを取らないということです。
お肉の汁はあえてアクを抜かないことで、牛肉の旨みを詰め込んでいるそうです。

鍋を煮込んで、酒のアルコール分が飛んだと思ったら火を止めて置いておきます。
火を止めている間に肉に旨みが入り込むそうです。

肉うどんのうどんを仕込む

フライパンを用意し、水(230cc)、白だし(大さじ2杯)入れ、沸かします。
何人前も作る際は材料m調味料の分量を等倍すると良いようです。
牛肉を煮る際の水の量だけ少し少なめがおすすめだそうです。

冷凍うどんはだしで煮ます。
だしが沸騰してきたら、火を止めて、盛り付けていきます。

最後に小ねぎ、七味唐辛子を適量かけて完成です。

至高の肉うどんを実食

牛だし、しょうがの香りがしっかり効いていて美味しいそうです。
牛肉の旨みがスープ全体に染み込んでいて、肉とうどんの相性もバツグンのようです。
最後は温めた日本酒をうどんスープ割で飲んでご満悦のリュウジでした。

いかがだったでしょうか。
リュウジは冒頭で少し手間がかかると話していましたが、完成したうどんスープを見ると面倒くささを感じることはないのでしょうか。
材料も簡単に調達できるので、寒い日には是非試してみてはいかがでしょうか。

これ以外のうどんのことを忘れてしまうほどウマいです。肉うどんの価値観が変わる【至高の肉うどん】

これ以外のうどんのことを忘れてしまうほどウマいです。肉うどんの価値観が変わる【至高の肉うどん】

関連する記事