AirpodsProなんてもう古い!Jabra(ジャブラ)「Elite 85t」が完璧だった件

【散財TV なおしま】「散財は人生」を格言にガジェットを中心にレビューを行うチャンネル。今回は完全ワイヤレスイヤホンJabra「Elite 85t」をレビューします。

 

Jabra(ジャブラ)「Elite 85t」をレビュー

最高のサウンドを追求し、ヘッドホンやスピーカフォンなどを開発し続けるJabra(ジャブラ)。
先月、新たな完全ワイヤレスイヤホン「Elite 85t」の発売を開始しました。
そして「Elite 85t」をとても気に入ったというなおしま。
一体どのような部分がおすすめなのか、レビューしていきます。

「Elite 85t」のデザイン

「Elite 85t」のカラーバリエーションは「Titanium Black」の1色のみとなっています。
「Titanium Black」はマットなブラックとなっていてなおしま的にはチープに見えるようです。
しかしながら、重量が軽く利便性を重視しているようです。
充電端子はケースの背面にUSB-typeC端子が付いています。
また、ケースのそこに「QI」マークが付いており、ワイヤレス充電に対応しています。
高級イヤホンの中でもワイヤレス充電が出来るのは珍しいようです。

イヤホンはシンプルなデザインとなっており、服装を選ばないデザインとなっています。
Airpodsのような奇抜なデザインに抵抗がある人にはおすすめのデザインといえそうです。
イヤーチップは楕円形になっていて耳にしっかりハマってくれるようです。
イヤーピースは付け替え可能なので好みのイヤーピースを付け替えることも出来ます。

「Elite 85t」の性能

主なスペックは上の写真の通りです。
価格は29,800円とAirpodsProより少し安いくらいの設定となっています。
バッテリー持ちはノイズキャンセリング機能をONにした状態で5.5時間連続再生が可能になっており、AirpodsProより1時間長く持つようです。
重量は7gでAirpodsProより1.6g重く、実際に試着して確認する必要があるかもしれません。
型はセミオープン型で密閉型(カナル型)と開放型(インナーイヤー型)の中間のタイプとなっています。

密閉型(カナル型)は遮音性が高い一方で高音が出にくく、
開放型(インナーイヤー型)は音抜けが良く音の空間が広い一方で、遮音性が低く音漏れがしやすいという違いがあります。
「Elite 85t」の場合は音質と遮音性のバランスをとった仕様となっています。

「Elite 85t」の良い所

「Elite 85t」の装着感

1つ目は装着感が軽いところだそうです。
長時間つけていても負担が少なく付けていることを忘れそうになるくらいの装着感だそうです。

「Elite 85t」の音質

2つ目は「Elite 85t」の音質が良いというなおしま。
音の分離感が強く、聞こえる音の数も多いそうです。
音域は低音が強めに出ており、他の音を潰さずにドラムの迫力とクリアなボーカルを両立させています。

ノイズキャンセリング機能

3つ目はノイズキャンセリング機能がAirpods並みに高いことです。
生活騒音程度ならかき消すますが、自動車の音は多少聞こえる強さだそうです。
カナル型ほどの遮音性はないものの完全な開放型でもないのでノイズキャンセリング機能の強さとしては強い部類に入るというのがなおしま的感想です。
また、ノイズキャンセリング機能の強さは専用のアプリを使って5段階調整が可能となっています。

「Elite 85t」の使い勝手

4つ目は使い勝手の良さです。
なおしまはイヤホンの重要性は音質と同じくらい操作性を重要視しています。
例えば、音が鳴り始めるタイミング。
イヤホンを一度外した後に再度装着する時に耳に入る寸前で既に音が鳴り始めているそうです。
なおしまはとても気に入っている様子でした。

また、物理ボタンに反応が早いのも評価が高い点だそうです。
遅延がなく押した瞬間に反応してくれるのでストレスフリーに使えるのが良い点です。
ゼンハイザー「Momentom」は音質が良い一方で操作性がイマイチでしたが、
「Elite 85t」の場合は音質と操作性を両立させた製品といえそうです。
なおしま的にはAirpodsProとMomentomの良い所どりをしたものが「Elite 85t」だそうです。

「Elite 85t」のワイヤレス充電

5つ目はワイヤレス充電が出来る点です。
ケースの底の部分がワイヤレス充電に対応しています。
充電している間はケース正面にあるセンターの光が点滅しているので確認しやすいようになっています。

「Elite 85t」のカスタム性

6つ目は自分用にカスタマイズ出来る点です。
専用アプリを使用して操作方法を変えることができ、イコライザーでプリセット変更したり
自分の好きなカスタムを組むことも出来る点も良い所。
なおしま的にはデフォルトの設定で気に入っているようです。

「Elite 85t」のランドスケープ機能

ランドスケープ機能とは自然などの環境音を鳴らしてくれる機能のことです。
作業に集中したいけど、音楽をかけるのは気が散る人にはおすすめの機能です。

「Elite 85t」の残念な所

ここからは「Elite 85t」の改善点やデメリットを指摘していきます。

「Elite 85t」のバッテリー

右イヤホンの充電の減りが早いそうです。
右イヤホンには通信機能が搭載されている影響か、左のイヤホンに比べてバッテリーの減りが早いそうです。

「Elite 85t」のワイヤレス充電の対応範囲が狭い

「Elite 85t」のワイヤレス充電に反応する範囲が狭い点です。
ケースの底の部分がワイヤレス充電に対応しますが、接地面積が小さい為に反応するポイントがシビアだそうです。
なおしま的にはワイヤレスでの充電作業に時間がかかるならケーブル充電した方がおすすめのようです。

まとめ

なおしま的には「Elite 85t」は音質と操作性の良さを両立させており、AirpodsProより上だそうです。
なので、なおしまは「Elite 85t」をメインいやほんにしてサブとしてAirpodsProを使うそうです。
みなさんも是非、手に取って試聴してみてはいかがでしょうか。

出典: amazon.co.jp
Jabra 完全ワイヤレスイヤホン アクティブノイズキャンセリング Elite 85t チタニウムブラック Bluetooth® 5.1 [国内正規品]

¥26,800 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください。

【AirpodsPro終了】Jabra Elite 85tが音も操作性も超越してるんやが

【AirpodsPro終了】Jabra Elite 85tが音も操作性も超越してるんやが

関連する記事