【イヤホンレビュー】1万円で買える!?バランスドアーマチュア内蔵のイヤホンKZ「ASX」を調査します

【セゴリータ三世】オーディオとデジタルガジェットが大好物。今回はKZ「ASF」と「ASF」という製品をレビューしていきます。


KZ「ASF」「ASX」とは

KZという会社は、中国KZ社(Knowledge Zenithの頭文字を取っているそうです)のイヤホンです。

また、「ASF」と「ASX」の違いはバランスドアーマチュアの個数に違いがあります。
まず、バランスドアーマチュアについて説明します。
バランスドアーマチュアとは、高音域を中心に鳴らして原音をそのまま聴くことが出来る機能のことです。

KZ「ASF」は10個のバランスドアーマチュア、
KZ「ASX」は20個のバランスドアーマチュアがイヤホンに内蔵されています。

このバランスドアーマチュアは非常に高価なもとなっており、
一般的にバランスドアーマチュアが内蔵されているイヤホンは高い値段が付きます。
しかしながら、今回紹介するKZ「ASX」は1万円前後で買うことが出来るので、
セゴリータ三世が実際に試聴してレビューしていきます。

開封

KZ「ASF」

付属品は以下の通りです。
・説明書
・イヤーピース3サイズ分
・ケーブル

KZ「ASX」

付属品はKZ「ASF」と同じものとなっています。

試聴

試聴を試みるも、ASF,ASX共にイヤホンのイヤーピースが合わない様子でした。
セゴリータ三世の場合は高さのあるイヤーピースが必要のようです。
ASXはイヤホンピースが薄く、全く合わないようでした。
人によっては交換が必要になってくるようです。

ASFは各音域がしっかり聴こえてきて、透明感のある音質だそうです。
セゴリータ三世はまずまずの音質のようです。

ASXは別格のようです。
あまりの衝撃に言葉が出ないようです。

まとめにて、再度レビューを指摘していきます。

まとめ

良かった所

・「ASXは有線イヤホンで今年ベスト!」
 「ASF」の音質はかなりクリアで各音域がしっかりと分かれていて良い
「ASX」ホワイトノイズと間違うほど、クリアに聴こえるようです。
 「これを超えるものはないんじゃない?」というほどかなり完成度が高いようです。
  クリアすぎて逆に使いずらさを感じてしまうかもしれないようです。

残念な所

・「突起が邪魔!」
 突起によってフィットする人が限られている為、イヤーピースを交換して工夫する必要があるようです。

いかがだったでしょうか。
今回は、有線イヤホンの紹介でした。
セゴリータ三世は今年で一番の有線イヤホンと太鼓判でした。
高い音質を求めているかたは是非、試聴してみてはいかがでしょうか。

出典: amazon.co.jp
KZ ASX イヤホン 高音質 超高感度 20BA イヤモニ イヤホン 両側に10基ずつ 20基のバランスドアーマチュアドライバーを搭載 原音忠実度の高いインイヤーモニター 中華イヤホン 【アップグレードされたBA 、3Dプリント音響チャンバー 、歪みのない電子クロスオーバーを持つ】 (銀no microphone)

¥12,525(税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください。

出典: amazon.co.jp
KZ ASFハイブリッドイヤホン 高音質 10BAイヤホン 重低音 イヤホン リケーブル可能 (ASF青)

¥6,800(税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください。

King Gnuの白日イヤホン「AS06」の約3倍の性能なのに1万円で買える!20基のバランスドアーマチュアを搭載したKZの「ASX」が限界突破しまくってるんだけど!【中華イヤホン,ASF,レビュー】

King Gnuの白日イヤホン「AS06」の約3倍の性能なのに1万円で買える!20基のバランスドアーマチュアを搭載したKZの「ASX」が限界突破しまくってるんだけど!【中華イヤホン,ASF,レビュー】

関連する記事