宮本慎也×前田智徳のレジェンド対談!2人の意外な関係とは、、、。

【日本プロ野球名球会チャンネル】球界を知り尽くしたレジェンドがバトンをつなぎ、選手たちの素顔や裏話、これからの野球界のことなど、野球の魅力を配信


【豪華レジェンド対談・宮本慎也×前田智徳】

今回は宮本慎也×前田智徳さんとのレジェンド対談です。
2人の年齢は2つ違い。宮本さんが1つ上の先輩です。
宮本さん曰く、前田は寡黙な様子で話すイメージがなかったようです。
前田さん曰く、寡黙な理由は、話すことにエネルギーを使いたくなかったというのが理由だそうです。
果たして、2人の間にはどんな関係があるのでしょうか、深掘りしていきます。

2人は2000本安打達成者

宮本さんの2000本安打は広島カープ戦でした。
雨の中での試合で達成しています。
もし、コールドゲームになっていれば、再び2000本安打を達成するという
珍しい記録になっていたのです。
前田さんは広島市民球場という以前の広島東洋カープの本拠地で達成しました。

2人には息子さんがいる

2人は息子さんがいるという共通点があります。
前田さんの甥っ子さんが野球の試合を見に来た前田智徳さん。
野球の試合に訪れた時、最初前田さんは宮本さんがいることを疑っていました。
しかしながら、宮本さんがジャージを着てピッチャーの球を受けていた光景を目の当たりにし、非常に驚いたそうです。
宮本さんは野球チームのコーチをやっていて、そこで前田さんと会ったのでした。

息子の将来は、、、

宮本さん息子さんは中学校2年生でシニアリーグで頑張っているそうです。
慎重は182cmもあり、今後に期待出来そうです。
しかし、宮本さんは「お坊ちゃんなので、ハングリー精神がない」と言ってバッサリ斬ってしまいます。
宮本さんは投手ではなく、野手になってほしいという想いがあったみたいです。
ストライクが入らなかったら、「なんで入らないんだよ!」
打たれたら、「何打たれてるんだよ!」という心の叫びが出てしまうようです。
宮本さん曰く、試合の勝敗は大抵投手で決まってしまう一方で
打者は1打席で失敗を取り返せるので、親としては野手になってほしかったようです。

前田さんは次男が高校2年生で慶応高校で野球をやっているそうです。
ある程度距離を置きながら、気にしているようです。

高校球児に向けて

コロナ禍で大変な思いをした高校球児に対して、
宮本さんは何とか開催してあげたかったという想いがあったそうです。
宮本さんは夏に1度優勝し、前田さんは3回出場しているというお二人。
そんな2人が高校球児に向けて一言ずつメッセージを送ります。

宮本さんはいつ出来なくなるのかわからないので、「悔いのないように過ごしてほしい」。
前田さんは気持ち的には苦しい時だが、「努力すればより成長できるのでチャンスを広げていってほしい」というメッセージでした。

レジェンド2人からのメッセージは、
高校球児にとっては非常に勇気づけられるお言葉だったのではないでしょうか。

【豪華レジェンド対談・宮本慎也×前田智徳】テロテロTシャツに、おぼっちゃん!? 2人の意外な関係が・・・。

【豪華レジェンド対談・宮本慎也×前田智徳】テロテロTシャツに、おぼっちゃん!? 2人の意外な関係が・・・。

関連する記事