【MV解説】BLACKPINKの新曲「Lovesick Girls」のMVに隠された意味とは…?

マルチタレント兼YouTuberとして活動している韓国出身のヒョクくん!この動画では先日1stフルアルバムをリリースしたBLACKPINKのアルバムタイトル曲「Lovesick Girls」のMVに隠されたメッセージを解説しています!【Hyuk ヒョク】


BLACKPINKの新曲 「Lovesick Girls」がついに公開!

出典: allkpop.com

左からジス、ジェニー、リサ、ロゼ

BLACKPINK初の1stフルアルバムのタイトル曲として公開された「Lovesick Girls」は、「愛」に傷ついて苦しみながらもまた「愛」を求めていくことがテーマの曲となっています。
この曲の作詞作曲にはメンバーのジェニーとジスが実際に携わったのだそう!
 
今回はヒョクくんがそんなBLACKPINKの新曲MVに隠されたメッセージを解説してくれています!

「Lovesick Girls」のMVに散りばめられたメッセージとは

韓国語の歌詞を解説してもそれは大体日本語訳を見ることでこの曲がどんなストーリーのものなのかわかるので、ヒョクくんはMVに登場する文章に注目して解説してくれています。
 
どんな曲にもテーマやメッセージ性は込められているものですが
今回の「Lovesick Girls」は特にメッセージ性が強いとヒョクくん。
 
ここからはMVに登場する文章を中心にそのメッセージを解説していきます!

①〈Y+M=4EVA〉

MVの中でぐしゃぐしゃになった車と看板があるシーン。

よく見てみると〈Y+M=4EVA〉と書かれているのが分かります。
この〈Y+M=4EVA〉には〈You+Me=Forever〉、つまりあなたと私は永遠だという意味があります。
 
しかし、MVでこの文章はぐしゃぐしゃにされているということは
永遠なんてないこと、人生や恋には予期せぬことが起こるということを示唆しているというのです!
実際にMVでは車がぐしゃぐしゃになっていたり砂時計が割れていたりと、何か2人の関係が終わりを迎えたようなマイナスな印象を持たせる演出がなされています。

②〈Die Alone Born Alone〉

サビで4人のメンバーが揃って踊っているバックに映されたネオンに気づきましたか?

そのネオンには〈Die Alone Born Alone〉と書かれています。
この文章は〈死ぬ時も一人、生まれる時も一人〉と訳せます。

「切ねえよ!そんなこと言うなよ!」と思わずヒョクくん。

 
しかし、このネオン捉え方が二つあるのでは?と言われているそう。
そのもう一つの捉え方とは…

ネオンの〈Alone〉という字が筆記体気味で書かれていることから
〈Alone〉→〈A love〉という風に捉えることもできるのではないかというものです。
 
つまり、置き換えてみると〈Die A love Born A love〉=〈愛で死に、愛で生まれる〉という意味とも取れるのです。
〈愛で死に、愛で生まれる〉というメッセージはまさに冒頭で説明したこの曲のテーマにぴったり合致していますよね!これが本当に考え抜かれた演出だったらすごいです…
 
ここでいうDieの解釈としては「心が壊れてしまうこと」だとヒョクくん。

③車が意味するもの 〈BAD BOY〉

このMVには車がよく登場します。
 
例えばこの画像のリサのラップシーンでは、リサが〈BAD BOY〉とナンバーに書かれた車を破壊しています。その他にもジェニーが恋人と喧嘩をしていた車がぐしゃぐしゃになっていたり、4人が車に乗り込んでいたり。

ヒョクくんはこのMVの中で車が①人生②男(恋愛)の二つを表していると推測。
となると、先ほどのリサが車をハンマーで破壊するシーンは別れた男を〈BAD BOY〉=悪い男として決別を決意したことを意味していると捉えられるのでしょう!
 
そうなると、車がぐしゃぐしゃになっていることは、人生・男(恋愛)で上手くいっていないことを示唆していると捉えられますね。
 
 
その一方でピンク色の車にBLACKPINKの4人が乗り合わせているシーンは、「愛で傷ついたけどまた愛を探しに行く」という再出発を意味していると思われます!とヒョクくん。

④ナースと患者姿のジェニー

次のジェニーのラップシーンでは、ナース姿のジェニーと人形を持った患者姿のジェニーが映し出されています。
 
このシーンはそのままとも言えますが、愛で心を病んでしまったジェニーが治療を受けにきていると言えます。歌詞にもあるように愛には中毒性があって、ここでもこの曲のテーマである傷つくけど求めてしまうものだというメッセージがとても伝わってくるのではないでしょうか。
 
ジェニーやリサのようにこの後メンバーそれぞれが違うシチュエーションで描かれます。
例えばジスは暗闇を必死に走っていたり、ロゼは黒いペンキにまみれて泣いていたりと各メンバーがそれぞれ愛に苦しみ愛を求める様子が表されたMVとなっていることが分かります。

まとめ

愛に苦しみ、傷つき、取り憑かれ、それでもまた新しい愛を求めていくというメッセージが込められたBLACKPINKの新曲〈Lovesick Girls〉。

BLACKPINKの圧倒的なカリスマ性とビジュアルからMVではメンバーばかりに注目しがちですが、背景やセットの文章からもこの曲に隠された意味が読み取れることがわかりましたね♡
 

歌詞の締めの言葉でもある〈But we’re still looking for love〉にあるように、彼女たちはどれだけ傷ついても苦しんでも〈愛を探し求める〉ことをやめられないのです。 

この愛の永遠ループにはまってしまった彼女たちを心配するヒョクくん(笑)
ヒョクくんは彼女たちにハッピーエンドが訪れるかどうかは、きっと今後のMVで回収されていくのではと予想しています!今後BLACKPINKの4人にどんな未来が訪れるのか、次のリリースが楽しみですね♪

【BLACKPINK Lovesick girls】意味がわかるとゾッとするMV解説【最後に告知あり】

【BLACKPINK Lovesick girls】意味がわかるとゾッとするMV解説【最後に告知あり】

関連する記事