【ヘッドホン比較レビュー】MonitorⅡA.N.CとSonyのWH-1000XM4の違いって何?

【セゴリータ三世】オーディオとデジタルガジェットが大好物。今回はMarshallのノイキャンヘッドホンMonitorⅡA.N.CとSonyのWH-1000XM4の比較レビューを行います!


「MonitorⅡA.N.C」Marshall(マーシャル )

開封

「MonitorⅡA.N.C」Marshall(マーシャル )は前のモデルから3年ほどの月日をかけてパワーアップし、2020年6月25日に発売されています。

ジーンズ素材のヘッドホン入れとUSB type-cのコネクターが同封されています。

基本スペック

・約30時間の連続再生可(ANC利用時)
 ※約15分充電で約5時間再生可能

・Bluetooth5.0に対応
 ※コーデックはSBCのみ

ヘッドホンは大きく作られているので、日本人には合うようです。

試聴

ヘッドホンに付いているMボタンはイコライザーやグーグルアシスタントなどの機能を切り替えることができます。

外部取り込み機能は、マイクっぽい音のようです。

セゴリータ三世の試聴感想は以下の通りです。

・声はロボットっぽくなく、オフにした場合は密閉感が強い
・ノイズキャンセリング機能は中低域がカットされてしまう
・外部取り込み機能の場合は高域が強めに聴こえる

総評

セゴリータ三世の総評をまとめたのが以下の通りです。

・中低域がゴリゴリに強くない
・全体のバランスを考えたチューニング※少し中低域は強め
・ノイズキャンセリングなしでも十分没入できる
・密閉型だけど、空間も感じられる
・ノイズキャンセリング100%でも強過ぎない

音は良い音で、ノイズキャンセリングは要らない程密閉感が強めのようです。

Sony(ソニー)「WH-1000XM4」との比較

Sony(ソニー)「WH-1000XM4」との違いは以下の通りです。

・音に集中しているため、他の細かい機能がないのが惜しい所
・もう少しコーデックがあると良かった
 ※OSや機種で音質に影響を受けちゃうのでもう少しコーデックを増やしてほしい
・少し重い(約320g)
 ※WH-1000XM4は約254g

Amazonベストセラー1位のSony(ソニー)のWH-1000XM4とどう違う?Marshall(マーシャル )のノイキャンヘッドホン「MonitorⅡA.N.C」レビュー!【比較レビュー】

Amazonベストセラー1位のSony(ソニー)のWH-1000XM4とどう違う?Marshall(マーシャル )のノイキャンヘッドホン「MonitorⅡA.N.C」レビュー!【比較レビュー】

関連する記事