ロボットがネイルアートしてくれるサロンとは?特徴的なネイルサロンを徹底解説!

【会社員J】メイクやヘア、ネイルなど韓国の美容情報を発信している韓国在住の美容系YouTuber・会社員J。今回はアメリカのサンフランシスコに行って、ロボットがネイルしてくれるサロンを訪れた時のことを動画にしてくれました。その他にも一風変わった特徴があるネイルサロンを紹介してくれるので、さっそく見てみましょう。

 

ネイルロボット!?

ロボットがネイルしてくれるサービスの正式名称は「クロックワーク」です。ポップアップストアがアメリカの大型スーパーの中にあり、最初は戸惑いを隠しきれなかった会社員J。この企業はITと美容を融合させた特別な技術を開発することに力を入れているんだとか。
QRコードを読み取って自分が来店する時間を予約します。この場で決済も可能というところで、技術の進歩を感じますね。実際にはアメリカの電話番号が必要だったものの、交渉して施術&撮影許可をもらえて一安心だったとのことです。

画期的なサービスは高額なのではと思いますが、実際には10ドル、日本円にすると約1200円でした。単色カラーのマニキュアから好きな色を選び、さっそくロボットに塗ってもらいます。
機械に指を挿し込むとバンドで固定してくれて、ずれる心配もありません。あとはボタンを押すか音声認識で進んでいくというハイテクな機械です。

出典: youtube.com

爪の形を3Dプリント技術を駆使して認識し、その形に沿ってマニキュアを塗ってくれます。時計回りにくるくる回りながらどんどんネイルが完成していきますよ。
はみ出したり自分の爪より狭く塗られたりしてしまっても、ジェルではなくポリッシュなのでその場で落として塗り直してもらえるので安心してください。

「クロックワーク」のターゲット層は、普段からしっかりネイルしている人ではなく「試しにやってみたい」と思っている人たちです。そういった人に向けて、簡単に落とせるようマニキュアを選びました。

出典: youtube.com

「海底撈火鍋」というお店は、レストランの待ち時間に無料でネイルしてくれるというサービスがあります。このように、待ち時間や隙間時間を有効活用するためにサービスを展開しているという訳ですね。

「クロックワーク」はスーパーにポップアップストアを設置することで、買い物に来た女性が気軽に利用できるような空間を作り上げました。また、ここに店舗があると知らない人でも、誰かが施術されるのを見て興味を持ってくれる可能性もあります。お互いのニーズが一致した結果、スーパーにポップアップストアを出店したということです。

オリジナルマニキュアを作成

出典: youtube.com

続いて訪れたのが「ORLY COLOR LABO」。自分の理想のマニキュアを作ってくれるお店です。ORLYはアメリカでは歴史ある美容ブランドであり、歴代のマニキュアが飾ってあるなど店内もとてもおしゃれでした。
まずはiPadから自分が好きな雰囲気の画像を選択します。そして、詳しい色をさらに選び、シマ―にするか無地にするかなどどんどん絞っていきます。さらに、ラベルに自分の好きな言葉を入れられるという嬉しいサービスもありましたよ。

あとは約30色ものカラーの中から、ネイリスト&カラーリストが色を混ぜつつ理想のマニキュアを作ってくれます。それをサンプルに塗って爪に当て、さらに色味を調整して完成です。
パールやラメ入りのものを選択すると、サンプル紙に携帯のライトを当ててパールの発色を確認できます。

出典: youtube.com

今回注文した2つのマニキュアはかわいい巾着に入れて渡してくれました。塗るのが楽しみですね。

ポリッシュも進化している

ジェルやネイルシールが主流になってきていますが、ポリッシュも同様に進化しているのです。また新しいネイルサロンがあったら会社員Jに紹介してもらいたいです。

ロボット🤖がネイルアートしてくれるサロンだと⁉️

ロボット🤖がネイルアートしてくれるサロンだと⁉️
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事