人々が消失してしまった東京を救え!「Ghostwire: Tokyo」を実況。

【兄者弟者】兄者、弟者、おついちの三人組からなるYouTuber。FPS、アクション、ホラーなど色んなジャンルのゲームを日々配信しています。今回は一人称視点アクションADV「Ghostwire: Tokyo」を実況します。

 

「Ghostwire: Tokyo」とは

『Ghostwire: Tokyo』は人々が消失してしまった東京を舞台にした、オープンワールド方式の一人称視点アクションADVだ。登場する敵は「マレビト」と呼ばれる存在で、そのデザインは日本の悪霊や妖怪からきている。戦闘はFPSだが、攻撃方法は銃ではなく印を結んで技を放つものだ。本作の開発を務めるのは「バイオハザード」や「サイコブレイク」などで知られる三上真司が率いるTango Gameworks(ベセスダ・ソフトワークス傘下)である。
本作の舞台は東京で、メインとなるのは渋谷だ。この世界では謎の存在「般若」によって、「死の霧」が発生して人間たちが消失してしまった。主人公となるのはこの現象から生き残った青年の暁人。暁人はKKと名乗る敏腕刑事の霊と一心同体となり、この超常現象にタッグで立ち向かっていく。東京は悪霊や妖怪だらけになっているが、サイドミッションをくれるフレンドリーな幽霊や無害な動物たちもいる。
ゲームプレイは一人称視点で進行するアクションアドベンチャーだ。マップの規模感は完全なオープンワールドとは言い切れないようだが、渋谷など東京の町並みをシームレスに再現している模様。戦闘は印を結んでさまざまな属性の攻撃を放っていくもので、フィニッシャーとして最後には敵のコアを引き抜く。攻撃方法は特殊だが、プレイフィールは一般的なFPSのそれに近いようだ。グラップリングによる移動やスキルツリーによる成長などもある。

出典: ign.com

実況スタート

まずは難易度を選択します。TATARIと呼ばれる最高難易度もありますが、弟者は無難にNORMALを選択。渋谷のスクランブル交差点での交通事故のムービーからゲームが始まります。事故で怪我を負った主人公が霊に取りつかれて混乱していると、謎の霧が発生。主人公以外の人間が消失し、魂が般若の面をかぶった男に封印されてしまいます。取りつかれた霊の力で生き残った主人公が立ち上がる場面でオープニングが終了。第1章に入ります。

第1章「緒」

ムービーが終わり操作できるようになりましたが、その映像の美しさに目を奪われ、なかなか進むことができない弟者。それでも先に進むと傘を差したスーツ姿の敵に襲われ、バトル開始。敵の攻撃をガードしながら陰陽術による技を放ち、敵を退けます。周囲を観察して現実の渋谷と比較し、パロディネタや細かいつくり込みを楽しみながらさらに先に進む弟者。目的地であった病院にたどり着きます。エーテル結晶を壊して、陰陽術を使用するのに必要なエーテルを回収しつつ、妹が入院している部屋を目指して暗い病院を探索していきます。敵を背後から即死させる技「即浄」や、経験値を使用したスキルの習得、力を貯めて強力な攻撃を繰り出す技「チャージショット」、敵の魂を引き抜く技「コア取り」などの方法を霊に教わります。教わった技で敵を襲い来る敵を次々と撃破し、妹の病室にたどり着きます。たどり着いた妹の病室では今回の事件の首謀者と思われる般若面の男が、妹の命を狙っていました。その姿に激高し、攻撃を仕掛けますが、あっけなく返り討ちにあって目の前で妹を連れ去られてしまいます。

第2章「累」

次は霊の指示に従い、病院から出て幽玄坂に向かいます。一見オープンワールドに見えますが、進めないところは霧でおおわれているため、道に迷うことはありません。道中立ち寄った神社で形代を手に入れることで、幽霊にされた人々の魂を吸収することができます。吸収した人々の魂は、公衆電話に隠されている魂転送装置で霧の外に送り、復活させることができます。形代は猫又が店主を務めるお店で買うことができます。探索しながら目的地である幽玄坂のアパートにたどり着いた弟者。そこは主人公にとりついている霊KKが生前住んでいた部屋でした。KKの部屋で情報と武器を入手して外に出ると、アパートが結界に包まれます。このままでは結界に押しつぶされてしまうため、結界の根源を破壊する必要があります。上下左右がおかしくなったアパートを探索し、根源を探して破壊することに成功した弟者。この結界を張った犯人を追跡しますが、途中で痕跡を見失ってしまいました。ここで実況終了。次は役立つものを手に入れるために代山神社に向かうこととなりました。

【東京を救え】弟者の「Ghostwire: Tokyo(ゴーストワイヤー 東京)」【2BRO.】#1

【東京を救え】弟者の「Ghostwire: Tokyo(ゴーストワイヤー 東京)」【2BRO.】#1
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事