赤リップがどうして似合わない?会社員Jがその理由を1つずつ解説します!

【会社員J】メイクやヘア、ネイルなど韓国の美容情報を発信している韓国在住の美容系YouTuber・会社員J。春が近づいていて、華やかなカラーのメイクをしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。そこで赤リップを取り入れたもののなぜか似合わない…それにはきちんと理由があったのです。会社員Jが解説していきますよ。

 

赤リップが似合う人・似合わない人

モデルさんの広告を見て実際に赤リップを買ってみた会社員J。しかし、なぜかあまり似合わなかったんだとか。今回は会社員Jが考える赤リップが似合う理由を5つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

フェイスライン

リップの話なのになぜフェイスラインが理由なのか疑問ですよね。実は赤など派手で華やかなカラーなリップを使うと、人の目線は唇に向くことになります。つまり、輪郭の下半分にも目が行きやすくなるということです。

出典: youtube.com

例えばOH MY GIRLのユアさんは、丸顔ですがややエラが張っています。このように少し顔の幅が気になる場合、グラデリップやヌーディーカラーを採用するとよりフェイスラインが目立つようになってしまうんだとか。そこで、唇がしっかり色づく赤リップを使うことでそちらに注目がいって、顔の張りが気にならなくなりますよ。

アンジェリーナ・ジョリーさんも顔のラインがはっきりしています。そこで唇の存在感が小さくなってしまうと、顔が大きく見えてしまいます。そこで、大きめの唇にしっかり赤リップを塗って、骨格ではなく顔全体のバランスに注目させるというテクニックを採用している訳ですね。

鼻の下の長さ

鼻の下が長い人は、赤リップをすることで顔全体の視線が下がってよりその長さが目立つようになります。唇が小さいとよりそれを強調することになってしまうんだとか。
鼻の下の長さが目立つと、「老けている」「疲れた顔に見える」というマイナスイメージに繋がってしまうので注意しましょう。

出典: youtube.com

鼻の下は長めだけれど赤リップを使いたいという人は、アイメイクに力を入れてください。印象的な目元にすれば視線が分散されて鼻の下の長さが目立たなくなりますよ。

ポイントメイクに力を入れた場合、他の箇所は薄くした方が良いという意見もあります。ただ、結局メイクで重要なのは全体のバランスです。自分の顔に合ったメイクを見つけて取り入れていくことをおすすめします。

唇の横の長さ

出典: youtube.com

唇の横に長さがない人は、あまり赤リップに向いていません。会社員Jは自分もこのタイプと分析。唇の幅が短いことで、顔全体が縦長に見えてしまう傾向があります。そして、そこに赤リップを塗ると小さい唇がより目立ち、バランスの悪い仕上がりになってしまいます。

鼻の形

少女自体のユナさんを例に挙げてみていきましょう。ナチュラルメイクの時は元々の顔のきれいさが目立ちますね。しかし、赤リップにするとなぜか鼻が丸く見えてしまいました。

出典: youtube.com

唇を赤くすると視線が下にいくのは冒頭で説明しましたね。このせいで小鼻や鼻の形自体がはっきりするようになります。強めのカラーを使うことで華奢でナチュラルな雰囲気ががらりと変わり、鼻の丸さが目立ってしまうのです。

出典: youtube.com

鼻が目立つと顔立ちが中性的な雰囲気になります。これだけだと特に問題ありませんが、目立ちすぎて男性的な顔立ちに寄ってしまう可能性があるので注意が必要ですよ。

眉の濃さ

赤というはっきりしたカラー、そして唇という女性的なパーツの反対に位置するのが眉毛です。そのため、眉が濃かったり毛量が多かったりする人は、赤リップとのバランスが取れず田舎っぽい感じになってしまいます。

出典: youtube.com

眉の色を変えるだけでこんなに全体の雰囲気が変わるんですね。赤リップに挑戦したい人は、眉を整えたり眉マスカラを使ってみてはいかがでしょうか?

理由が分かれば対策もできる

赤リップが似合わない理由が分かれば、それを克服するための対策もできます。ぜひ自分のメイクに赤リップを取り入れてみてください。

赤リップが似合うタイプ🆚️似合わないタイプ

赤リップが似合うタイプ🆚️似合わないタイプ
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事