【麻薬えのき】1皿98円、米も酒も一瞬で消える最高のつまみめし

【料理研究家リュウジのバズレシピ】バズる料理を中心としたクッキングチャンネル。キノコ類の中でも安い、コスパ抜群の「えのき」を使った一品のレシピ紹介です。

 

材料紹介

えのき    200g
にんにく   1片調味料 (まとめで紹介)

料理開始

1)えのきの石づきを切り落とす。
石づき部分を袋ごと切る。
2)えのきを適度に割いていく。
ほぐしていく感じで、割く。
ちょっとまとまっていても、食べやすいので気にしなくて大丈夫。
一本、一本、はがさなくて大丈夫です。
注)
今回のえのきは、200グラム、使用しています。
ひと袋、150グラムで売られているものもあるので、よく見て買ってきてください。
3)にんにくは、皮を剥いでおく。
4)フライパンにごま油、大さじ1を入れて温める。えのきを入れて炒めていく。
炒め始めるとすぐ、シナっとなってくる。
全体的にしんなりしてきたら、火を弱める。
5)コチュジャン大さじ1を入れる。
韓国産だと甘さが控えられてるのが多いので、おすすめです。6)ケチャップ、大さじ半分いれる。
酒、大さじ1を入れる。(えのきにコクと深みを与えてくれます。)7)豆板醤、小さじ1/3を入れる。8)黒胡椒、適量をふり入れる。9)おろしニンニク、ニンニクをすりおろしながら、入れる。10)味の素を3振り、入れる。調味料を全部入れたら、全体を混ぜながら炒める。11)全体的に、えのきがしんなりして、調味料が混ざったら、
お皿に盛り付けます。

盛り付け

小ネギをのせる。
ごまをひねりながら、ふりかける。
ラー油を全体的にかける。

完成&実食

ヤンニョムえのきの完成。いい香り!
辛いけど、辛さの中に甘みがあるのでめっちゃ食べやすい。コチュジャンと豆板醤を使うことによって辛味が引き立ちます。コリコリとえのきの歯応えもあって、とっても美味しそうです。<味変>
甘さが引き立っているので、お酢をほんの足してみます。
めちゃめちゃ合います。ご飯が進みます!
酒のつまみにも、ご飯にも合います。常備食にも最高の一品です!辛さの中に甘みがあるので、やめられない。
無限ループにハマります。

レシピまとめ

【ヤンニョムえのき】
ごま油    大さじ1
えのき    200g
コチュジャン 大さじ1
ケチャップ  大さじ1/2
酒      大さじ1
豆板醤    小さじ1/3
黒胡椒    適量
にんにく   1片
味の素    3振り
☆仕上げに小ネギ、いりごま、ラー油を適量
★味変でお酢ごま油大さじ1でえのき200g炒め
コチュジャン大さじ1、ケチャップ大さじ1/2
酒大さじ1、豆板醤小さじ1/3、胡椒
おろしにんにく1片
味の素3振り入れ炒め小ネギ、ごま、ラー油注)いつも飲みながら作っていますが、レシピを考えるときは、
ちゃんとシラフでまともな、リュウジ兄さんが考えてます!
だから補償付きのレシピです。
これ1皿68円で食えます、マジで米も酒も一瞬で消える最高のつまみめし【合法えのき】
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事