【あつ森】3か月プレイして感じたハッピーホームパラダイスの良い点と注意点はこれ!

【桜ころみん coromin Ch】ゲーム実況動画を中心に動画投稿を行うVチューバー。落ち着いた声と京都弁が特徴の桜ころみん。今回はあつまれどうぶつの森 ハッピーホームパラダイスの良い点と注意する点をまとめて紹介します。

 

ハッピーホームパラダイスとは

「あつまれどうぶつの森 ハッピーホームパラダイス」はゲーム内に登場する住人たちの家づくりを楽しめる追加コンテンツ。「あつ森」の舞台となる無人島とは異なるリゾート地をベースに、タクミライフのスタッフとして家具を配置したり、家の周りのレイアウトを考えたりと、ゲーム本編とは異なる要素が楽しめる。

出典: impress.co.jp

3か月ガチでプレイした感想を紹介

Nintendo Switch用シミュレーションゲーム「あつまれどうぶつの森」の有料追加コンテンツ「ハッピーホームパラダイス」が2021年10月末に発売されて、2022年1月末で3か月が経過しました。「ハッピーホームパラダイス」はどうぶつたちの理想の暮らしをまるごとコーディネートするというもので、どうぶつたちの希望を叶えるための別荘をコーディネートしていきます。別荘のコーディネートにとてもこだわっているため、ゆっくりな進行速度ではあるものの、すっかりはまってしまったころみん。そんな彼女がプレイする中で感じたオススメ点と購入に際して注意しておくべき点を紹介します。

良かった点1:いろんなどうぶつと沢山交流できる

「あつまれどうぶつの森」では400人以上のどうぶつが登場するのに対し、一緒の島で生活できるのは10人しかおらず、新しいどうぶつを迎え入れるためには既存のどうぶつとお別れしなければならないのが悩みでした。「ハッピーホームパラダイス」では島がたくさん追加されており、その分今まで自分の島に呼べなかったどうぶつと気軽に交流できるようになりました。

良かった点2:新規家具を圧倒的に入手しやすい

「ハッピーホームパラダイス」の発表と同時に多くの新規家具が追加されました。追加された家具は「ハッピーホームパラダイス」では、事務所の売店でポキという通貨を使用して購入、売店で一定以上のポキを使用すると解放されるお取り寄せで購入、「ハッピーホームパラダイス」で一度購入した家具をカタログからベルを消費して購入、など複数の手段で購入することが可能で、入手難度が圧倒的に低くなっています。特にお取り寄せは、たぬきショッピングでしか売られていなかった超大型家具もお取り寄せできるため、おすすめです。

良かった点3:家具磨きや仕切り壁などのスキルを自分の部屋で使える

「ハッピーホームパラダイス」では進行度に合わせて、家具磨き、仕切り壁の設置、柱の設置、カウンターの設置、ライトの設置、環境音の設定などのスキルを習得することができます。これらのスキルは、どうぶつたちの別荘づくりだけでなく、自分の部屋のコーディネートにも活用することができ、表現の幅が一気に広がります。

注意点1:お金がかかる

「ハッピーホームパラダイス」はこれまでの無料アップデートと異なり、有料コンテンツであるため2022年1月現在税込2500円で購入する必要があります。ころみんの感想としては、ボリュームと満足感を考えるとお金を出す価値は十分すぎるくらいあるとのことですが、部屋づくりや別荘づくりがメインコンテンツとなっているので、あまりそれらに興味がない人は持て余してしまうかもしれません。

注意点2:スキルを島クリエイトで使えない

良かった点で紹介したスキルは、自分の部屋づくりに使うことはできますが、自分の島の外を作るのには使用できません。また、「ハッピーホームパラダイス」で登場する島は地形を変更することができません。その分、様々な地形の島が用意されているので場所ごとにバラエティに富んだコーディネートが可能です。

注意点3:家具を検索できない

膨大な数があるため、欲しい家具をリストから見つけることがなかなか難しいとのことです。一応、カテゴリ別や五十音順に並び替えることは可能ですが、名前で検索できる機能をころみんは欲しています。

【あつ森】ハピパラの良い点悪い点はこれ!3か月ガチでプレイして感じたおすすめ点や改善点をまとめて紹介!【あつまれどうぶつの森 ハッピーホームパラダイス アプデ後レビュー&感想】

【あつ森】ハピパラの良い点悪い点はこれ!3か月ガチでプレイして感じたおすすめ点や改善点をまとめて紹介!【あつまれどうぶつの森 ハッピーホームパラダイス アプデ後レビュー&感想】
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事