ネイルシールでも長さ出しできる!最初から最後までやり方を徹底解説!

【会社員J】メイクやヘア、ネイルなど韓国の美容情報を発信している韓国在住の美容系YouTuber・会社員J。今回はネイルシールでも長さ出しして楽しむ方法を紹介します。ネイルシールは本来自分の爪の長さに合わせて切るものですが、工夫次第で爪より長くして楽しむことができるんですよ。さっそく見ていきましょう。

 

長さ出しする方法

韓国でセルフネイルと言えば、自分でマニキュアを塗るのではなく貼るジェルネイルシール・ohora(オホーラ)を使うのが主流になっています。シールタイプのネイルは気軽に楽しめるというメリットがありますよね。そんなohoraを自爪より長くできる方法を紹介していきますよ。

UUUUUというブランドのアイテムを一緒に使う

ohoraは長さ出しを推奨していません。実際に単品では完成させるのが難しいため、今回はUUUUUというブランドのアイテムを一緒につかっていきます。専用の長さ出しキットがあり、家でも簡単に長さを出せるとのことなので、さっそくチャレンジしましょう。

やり方

出典: youtube.com

UVライトなどを当てて固めるタイプのジェルネイルシールが今回のやり方に適応しています。向いているデザインとしては、パーツがないプレーンなタイプです。
まずは爪をきれいに整えることから始める必要があります。詳しくは会社員Jの過去の動画「セルフネイルケア方法」をご覧ください。

会社員Jは1週間ほどで違うネイルにしたくなるため、あらかじめピールオフジェルを塗っておきます。こちらを塗っておけばネイル自体を剥がすことができるようになり、爪への負担が少なくなりますよ。
次に、ohoraを長持ちさせるためにベースジェルを塗ります。爪が丸くカーブしている場合、平らにするイメージで塗るときれいな仕上がりになります。

ベースジェルの硬化が終わったらohoraを貼りましょう。なるべく自分の手で触らずに、ピンセットなどを使って剥がしてください。空気が入らないようしかり爪と密着させます。

出典: youtube.com

ohoraは硬化させるときに曲がる習性があるため、そのままだと先端が曲がって不格好な仕上がりになってしまいます。そこで、先ほど紹介したUUUUUのチップを爪の上にのせ、そのまま硬化させることで曲がるのを防ぐという訳ですね。
もちろんネイルチップをお持ちの方はそれで代用できますし、ストローがボールペンなど長さ出しする部分を固定できるものを使っても良いかと思います。

出典: youtube.com

ただ、爪を全て覆っている状態の方が貼り付けた部分も浮かないのでよりきれいな見た目になりますよ。

全ての指の硬化が終わりました。しかし、自爪にくっついていない部分のohoraは柔らかいままであり、普段の生活に支障が出てしまいます。この部分もしっかり固めていきましょう。

出典: youtube.com

まずは長さ出しした部分の裏側をコーティングします。たっぷり塗って硬化させてください。

出典: youtube.com

今度は表面部分に固めのトップコートを塗っていきます。このように、表と裏からしっかり固めていきますよ。爪の端の部分などより浮きやすい箇所は丁寧に塗りましょう。

塗り終わった後はまた硬化させます。この手順を踏めば自爪ともより密着しますし、長さ出し部分の強度もかなり高まりますよ。

長さ・形の調節

出典: youtube.com

長さや形の調節に入ります。まずはクリッパーで大まかな部分だけ切り、あとはネイルファイルで形を整えるときれいな形になるのでおすすめです。気になる部分も同時に削ってなじませておきましょう。

出典: youtube.com

あとはもう1度トップジェルを塗って完成です。ファイリングした部分は少し粗かったり鋭くなっていたりするので、トップジェルを塗って滑らかにしますよ。

家でも長さ出しできる

今回の手順を踏めば、家でも簡単に長さ出しにチャレンジできます。自爪は伸ばせないけれど期間限定で長いネイルを楽しみたいという方は、ぜひ会社員Jのやり方を試してみてはいかがでしょうか。

ohoraなどのネイルシールで💅長さだしを楽しめる方法👍

ohoraなどのネイルシールで💅長さだしを楽しめる方法👍
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事