おでこを出したいけど目立ちすぎるのも嫌…そんな時の解決方法を会社員Jが伝授!

【会社員J】メイクやヘア、ネイルなど韓国の美容情報を発信している韓国在住の美容系YouTuber・会社員J。今回は、前髪を上げたり分けたりした時におでこが目立ちすぎることを悩んでいる人に向けた動画です。実際に写真や自分のおでこを使って、なぜおでこが目立ってしまうのか、目立たなくするにはどうすれば良いのか解説します。

 

おでこ

前髪が似合わないと思う人は、分けるか上げるかなどの手段をとっておでこを出しますよね。ただ、おでこがあまりに目立ちすぎるのも少し恥ずかしいという人もいるのではないでしょうか。会社員Jも自分のことを「おでこちゃん」と称しています。おでこが目立ってしまう原因を探っていきましょう。

おでこが目立つ原因

SISTARのダソムさんを例に挙げて紹介します。顔の比率は上顔面:中顔面:下顔面=1:1:1の理想的な配列に割合になっているのですが、おでこの割合が広く見えてしまいます。この原因は、おでこ上部分のヘアラインの割合が少ないからなのです。

出典: youtube.com

同じようにおでこを出したスタイルでも、左より右の方がバランスが取れて見えますよね。韓国のアイドルはデビュー後どんどん垢抜けていく傾向があり、ダソムさんもいつの間にかおでこの感じが全面に押し出ないようになりました。より美人な印象を受けます。

おでこが出ているのに目立たないのはなぜ?

出典: youtube.com

おでこが目立つ・目立たないを分けるポイントは、ヘアートップのボリューム感です。画像を見ても分かるように、ヘアラインから上の部分のボリュームが少なければ少ないほどおでこが目立ちます。分け目を反対側にすると、すぐにはなじまず少しボリュームが出ますよね。また、顔に近い部分の髪の根元をボリュームアップさせることでも、同様の効果が期待できます。視線が分散されることで、おでこの比率が少なく見えるという仕組みですね。

この他に、ヘアラインをシェーディングすることも重要です。韓国ではアイドルだけでなく俳優も必ずと言っていいほどヘアラインのシェーディングを行っているんだとか。シェーディングする前の写真は公開されないほど徹底しているようです。おでこを出す時には必ずシェーディングを行い、シェーディングをしていない時は前髪を降ろしている人が多いとのことでした。

出典: youtube.com

一見バレないような自然な感じで、ほぼ皆がヘアラインのシェーディングを入れています。生え際の産毛のラインに合わせて、もともとここにも産毛があったように見せるのです。

ヘアラインのシェーディングのやり方

詳しいやり方を解説するためにおでこを全開にした会社員J。トップの髪の毛もあまりないので、余計おでこが目立つタイプだと分析しています。ここからどのように変化するのでしょうか。

出典: youtube.com

単純におでこを出すのではなく、正面から見える位置にお団子をつくることでトップのボリューム感を演出し、視線を分散させます。これもおでこを目立たなく見せるポイントですよ。

自分の髪の毛に合う色のシャドウを用意します。産毛のように見せるために、自分の髪色より少し薄い色を選んでください。使用するブラシは毛量が多く密集しているものがおすすめです。
まずは髪の生え際に沿って少しずつシェーディングを入れていきます。おでこが広くて四角に見えてしまう人は、その角を削って丸く見えるようにしましょう。

出典: youtube.com

これだけでもかなり正面から見た印象が変わりますよね。
この後、普段自分の顔に使うシェーディングをブラシに取って、ヘアラインのシェーディングと顔の境目をぼかしていきます。

出典: youtube.com

次に産毛を出します。おでこの角の部分を手で丸い円を描くようにこすってください。そうすると自然に産毛が出てきますよ。この産毛を丸いラインを描くように意識しながら形を整えていきましょう。

出典: youtube.com

おでこ周りが完成したら、続いてもみあげを描きます。ヘアラインのシェーディングで使ったものと同じ色味でもみあげ部分にもシェーディングを入れるようなイメージで描いていきます。
後はもみあげ部分の毛を少し出して小顔効果を演出して完成です。このとき、ふんわりしたシルエットにすることでよりかわいらしい印象になりますよ。

脱おでこちゃん

ちょっとしたテクニックでおでこを目立たなくして、より女性らしさ・かわいらしさを演出できるんですね。今回紹介したポイントを押さえて、ぜひ悩み解消に役立ててください。

0円で🧑‍🦲オデコちゃん👩‍🦲脱出できる方法

0円で🧑‍🦲オデコちゃん👩‍🦲脱出できる方法
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事