ハイヒールがフラットシューズに変身!?ヒール付け替えシューズを紹介!

【会社員J】メイクやヘア、ネイルなど韓国の美容情報を発信している韓国在住の美容系YouTuber・会社員J。今回は靴のヒール部分を履き替えられる「PASHION footwear」というブランドのアイテムを紹介するために動画を撮ってくれました。いったいどのような仕組みになっているのか気になるので、動画を見ていきましょう。

 

ヒール付け替えシューズとは?

ヒールを履いていて足が痛くなってしまったという経験がある女性は多いかと思います。今回はアメリカのブランド「PASHION footwear」のヒールが付け替えられるシューズを紹介します。

出典: youtube.com

箱の裏にヒールの替え方が書いてあり、それに則って進めるだけでOKなんだとか。会社員Jは今回茶色のパンプスと青いサンダルを買いました。開けてみるとまずは靴の色に合ったヒールがついていて、更にフラットキャップと呼ばれるフラットシューズに変身させるアイテムが付属していました。
今回は色々なテイストを楽しむために派手なシルバーヒールも購入。

シルバーヒールが約5,600円、パンプスが約15,000円、サンダルが約20,000円と決して安くはありません。ですが、靴を1足持っておけばヒール部分を付け替えたりフラットシューズにしたりできるので、幅広いテイストが楽しめます。収納面でも良さそうですよね。

さっそく付け替え

青いサンダルからヒールを替えてみましょう。ヒール部分をねじるだけで簡単にとれたので、ここに付属のフラットキャップをつけました。操作は問題なくできたのですが、もともとハイヒールのデザインだったせいかフラットシューズにするとつま先部分が上を向いてしまうのが気になります。これは実際体重をかけることで平らになるかもしれないので、後で実際に履いてみましょう。

出典: youtube.com

パンプスも替えてみました。ヒールからヒールへの付け替えは少し力がいるので注意が必要です。こちらもフラットシューズにした時のビジュアルが少し気になりますが、朝急いでいる時は歩きやすいフラットタイプにして、出勤したらヒールに替えて、夜お出かけする時はシルバーヒールで華やかにしてと、ヒールを持ち歩くだけで3タイプの靴へと変身します。画期的なシステムですよね。

実際に履いてみる

出典: youtube.com

パンプスはヒールが太いこともあり、安定感があって歩きやすかったようです。靴も伸縮性のある柔らかい素材でできているので、足幅がある人も問題なく履けそうですよ。ポインテッドトゥの靴はつま先が痛くなりやすいですが、ニットのような素材感のおかげでそんな心配もなく快適な履き心地でした。

出典: youtube.com

フラットタイプにしてみたのですが、やはりつま先部分が気になります。体重をかけても完全に真っすぐにはならず、会社員J好みの見た目ではありませんでした。1日中ヒールを履いて、夜どうしても足が疲れてしまった時はこの履き方をするかもしれませんが、このデザインをファッションに落とし込むのは難しそうですよね。

続いてサンダルも履いてみます。「PASHION footwear」のサイトには「普段の靴のサイズより1/2小さいものを選んでください」という説明があったので、サンダルは小さめにしたのですが残念ながら足に合わなかったようです。靴は履いてみないと分からない部分もありますよね。

出典: youtube.com

ヒールが細いのでつま先に体重がかかりますし、歩いているうちにヒールが取れてしまいました。これには思わず会社員Jも「ダメでしょあんたたち」と一喝。

出典: youtube.com

サンダルもフラットキャップに付け替えてみました。こちらは体重をかけることでフラットシューズらしい見た目になりました。サンダルの方が靴底部分が柔らかかったようですね。

画期的なシステム

出典: youtube.com

フラットシューズに変身させることで1日中歩いて痛んだ足を労わることができますし、ヒールを買い替えればデザインや高さなども自由自在なので色々なシーンに合わせて使えるのがおすすめポイントです。また、旅行の時に服に合わせて靴を何足も持っていく必要もなくなります。ただ、ヒールを外すのは簡単ですがつけるのには力がいるので、コツを掴むまでは大変そうです。
メリット・デメリットを比較して購入を検討してみてください。

ハイヒール👠が、フラット🥿に変身⁉️🤯ヒール付け替えシューズ

ハイヒール👠が、フラット🥿に変身⁉️🤯ヒール付け替えシューズ
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事