【あつ森】まるで魔女が住むお部屋!どうぶつの森の家具を駆使して、埃っぽくて怪しいお部屋にレイアウト!

【mozuku】あつまれどうぶつの森での、おしゃれな家具レイアウトを数多く紹介している〈mozuku〉。今回はこれまでにない世界観のお部屋を作ります!


今回の依頼は、魔女から!?

先日から始まったmozukuの新企画、『MODS ROOM.』。

これは、任天堂Switchあつまれどうぶつの森の中で、視聴者のリクエストに応えてお部屋をレイアウトするというもの!

今回の依頼は、まるで魔女のような風貌の可愛らしい女の子から。

そんな彼女がリクエストするお部屋は、

・かんぱんの床

・ほしくさのベッド

・いろり

を用いた、『木の感じや古びたちょっと埃っぽい雰囲気のお部屋』。

いかにも魔女が山奥で使っていそうな、すすけた雰囲気の家具たちです。

mozukuはこれまでこのような雰囲気のお部屋をレイアウトしたことはないので、挑戦の回になりそうです…!

魔女が薬草を調合するお部屋

まず、リクエストがあった3つの家具を並べていきます。

かんぱんの床は、中央に通気口があり特徴的なので、それを隠さないようにレイアウトしていきます。

全体的に統一するカラーは、ブラウン!

アンティークシリーズや、もくせい家具シリーズを使って色や雰囲気を茶色く、埃っぽくしていきます。

かんぱんの床の通気口部分には、もくせいの机とアンティークな椅子を置きました。

これで、特徴的な部分を全て覆い隠すことなく、スペースを埋めることができます。

さらに、全体的に茶色い部屋で唯一黄色かったほしくさのベッドをなじませるために、ざぶとんの金色リメイクを使って、同様の色を配置させます。

このような自然な色使いがmozukuさんのすごいテクニックです!

家具の配置が終わったら、次は小物で装飾していきます。

コンセプトは魔女のお部屋なので、コーヒーミルを薬草をすりつぶす機械に、譜面台を調合のレシピが書いてある台にそれぞれ見立てて、ストーリー性を出します。

また、部屋の右上部分には様々な種類の時計を並べることで、不思議な雰囲気を醸し出します。

このように、設定から物語を広げていくことで、よりリアルなお部屋になりました!

そしてお部屋が完成!

すっかり魔女の姿にふさわしくなったお部屋で、存分に楽しむ依頼主さんがとてもかわいい!

あつ森をお持ちの皆さんは、ぜひお部屋づくりの参考にしてみてください!

【あつ森】かわいい魔女から依頼がきました。【レイアウト】

【あつ森】かわいい魔女から依頼がきました。【レイアウト】

関連する記事