主人公を助ける異質な悪役、プラズマ団〈アクロマ〉の正体とは【さおうさん】

言わずと知れたゲーム「ポケットモンスター」の世界観を考察し、独特のシニカルなしゃべり口での語りが人気のゲーム実況者【さおうさん】!


プラズマ団のアクロマ

アクロマという男

今回は『ポケットモンスター ブラックホワイト』強化月間の最終回!

ブラックホワイト2で登場した人物で、悪の組織〈プラズマ団〉のボスであるアクロマについて考察していきます。

彼はゲーチスの後釜としてプラズマ団のボスとなった人物であり、マッドサイエンティストです。

彼の研究内容は、『ポケモンが秘めた潜在能力の開放のさせ方』。主人公の強さに興味を持ち、ストーリーの中でも何度も主人公の前に現れます。

そして彼の人間性においてもっとも重要なポイントが、『善悪にとらわれない』という点です。

アクロマが最も重要視しているのは、自分の知識欲を満たすということ。それが達成できるのならば、その方法は正義でも悪でも構わないのです。

この白黒はっきりさせないという性格が、作品名のブラックホワイトにも何か関係性があるように感じられます。

アクロマの名前の由来

アクロマの名前の由来は、『a+chroma』。aは『無』を、chromaは『彩度』を表しており、アクロマは『無色』という意味が込められていることが分かります。

この無色が表しているのが、彼の善悪にとらわれない姿勢。

これは、白黒の対立があるブラックホワイトの世界において、かなり異質なことです。

アクロマが本作において重要な役割を担っているということが考えられます。

アクロマが行き着いた結末とは

彼の知識欲は、ストーリーの中で主人公によって満たされることになります。

アクロマとの最終決戦で、『ポケモンを極限まで信じること』が大事で、それがポケモンの力を高めることに繋がっているのだということに気づきます。

そしてゲーチスが嫌いだということを主人公に打ち明け、ゲーチスからもらったマスターボールを主人公に横流ししてくれるのです。

作品をまたいで登場する珍しいキャラクター

アクロマは、ブラックホワイト2だけではなく、サンムーンにも登場します。

複数の作品をまたいで登場するキャラクターはポケモンの中でも珍しく、彼の存在が異彩を放っていることが分かります。

人間とポケモンとの絆の重要さに気づいたアクロマは、サンムーンの世界でもそれについての研究を進めます。

そう、そしてその結果生まれたのが『Z技』です。

さらに、ウルトラサン、ウルトラムーン、レインボーロケット団編にも登場します。

レインボーロケット団編においては、ブラックホワイトで公言していた通り、ゲーチスを陥れて主人公助けたりします。

次回彼が主人公の前に姿を現すとき、彼は敵・味方どちらに付いているのでしょうか…。

【何故】悪の軍団を裏切り、主人公を助ける異質な悪役”アクロマ”の計画とは【ポケモン剣盾】【プラズマ団】

【何故】悪の軍団を裏切り、主人公を助ける異質な悪役"アクロマ"の計画とは【ポケモン剣盾】【プラズマ団】

関連する記事