【モンハンライズ】絶対やるべき!大神コラボの重ね着装備の特殊演出まとめ!

【桜ころみん coromin Ch】ゲーム実況動画を中心に動画投稿を行うVチューバー。落ち着いた声と京都弁が特徴の桜ころみん。今回は7月30日に配信された大神コラボについて紹介しています。神BGMが聞けるのでモンハンファンだけでなく、大神ファンも必見です。

 

コラボクエスト内容を紹介

7月30日に配信された大神コラボが配信されました。日本画のような美しいグラフィックで未だに根強い人気を誇るアドベンチャーゲーム「大神」の主人公「アマテラス」になりきれるオトモガルクの重ね着装備が手に入ります。

さっそくクエストに挑戦

クエスト名は「太陽は昇る!?」で、まさかの下位クエストです。「白き大神の絵」を21個集める採取クエストとなっています。ころみんはてっきりマガイマガドだと思っていました。これは大神コラボによってモンハンを初めてみようとする大神ファンでもクリアできるような配慮なのではないかところみんは考察しています。

神BGMが聴ける!

クエスト中はBGMが大神に使用されている「太陽は昇る」になっています。大神をプレイしたことのないころみんも知っている有名曲。きれいな調べにうっとりしています。

「小さな荷物」から「白き大神の絵」を採取

マップ各地に落ちている「小さな荷物」から「白き大神の絵」を採取します。ミニマップ上に緑色のアイコンで示されているので順番に集めていきます。マップ通りに行くだけなので難易度はそれほど高くないと思いますとのこと。ただし、必要量が21個とかなり多いため、マルチプレイで挑戦すると効率が良いのではないでしょうか。

「天道絵巻物」と「毛皮の端材」が必要

「アマテラス」になりきれるオトモガルクの重ね着装備「なりきりアマテラス」を作製するには、イベントクエスト報酬である「天道絵巻物」4つと、「毛皮の端材」2つが必要です。1回のイベントクエストで得られる「天道絵巻物」は2つのため、「なりきりアマテラス」を作製するためにはイベントクエストを2回クリアする必要があります。「毛皮の端材」は「ファンゴの毛皮」と交換できるので、持っていない人はファンゴから「ファンゴの毛皮」を入手しておきましょう。

オトモガルクがアマテラスに変身!

見た目がアマテラスに

背中に炎と鏡の演出が入り、神々しい見た目になります。そのカッコよさにころみんも大興奮。炎の揺らめきや鏡の回転にも着目しています。そんな重ね着はカラーの変更が可能となっています。カラー変更すると見た目の印象がガラッと変わるため、結構な迷いどころではあります。

集会所でのアクションが変化

集会所でのアクションも大神仕様に変化します。「待て」をすると、大神に登場するコロボックルの旅絵師「イッスン」が周りを飛び跳ねます。「おやつ」をすると、オトモガルクの鼻上を飛び跳ねるイッスンがおやつとともに口の中に。これは原作でアマテラスがイッスンを加える動作を再現しており、イッスンを食べているわけではないので安心してください。

クエスト中のアクションも変化

クエスト中にオトモガルクに搭乗すると、鏡と炎が消えます。その状態でドリフトダッシュをすると足元に蓮の花が咲き乱れる特殊なエフェクトが。通常のダッシュでは、水面だとスイレンの葉、地面だと草、雪原だと雪の結晶、崖に向かってジャンプすると紅葉といった、場所によって異なるエフェクトが足元に発生してころみんも大興奮!攻撃モーションは近距離の打撃属性は鏡、近距離の斬属性は剣、遠距離は勾玉を用いて攻撃するように変化し、どのモーションもとってもかっこいいです。ころみんは剣が特にお気に入り。打撃武器を持たせることが多かったけれど、斬属性を持たせてみることを検討しています。

まとめ

今回のイベントクエストは大神ファンにもモンハンファンにもたまらない内容となっています。簡単にクリアできる点と、重ね着の演出がとても凝っている点から、ころみんは是非みんなもゲットしてほしいと言っています。ちなみに今後のコラボ予定は8月に第3弾、秋に第4弾と第5弾が予定されています。ころみんはバイオハザードコラボを期待していますが、ロックマンコラボとストリートファイターコラボが高い確率で来るのではないかと予想しています。どんなコラボが来るか楽しみにしつつ、まったりと楽しんでいくようです。

【モンハンライズ】絶対やるべき!大神コラボの重ね着装備の特殊演出まとめ!神BGMが聴けるイベントクエスト「太陽は昇る!?」で「なりきりアマテラス」をゲット【モンスターハンターライズ アップデート】

【モンハンライズ】絶対やるべき!大神コラボの重ね着装備の特殊演出まとめ!神BGMが聴けるイベントクエスト「太陽は昇る!?」で「なりきりアマテラス」をゲット【モンスターハンターライズ アップデート】
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事