コンシーラー26種類徹底比較!衝撃の検証方にファン騒然でダイスケも唖然!

【コスメヲタちゃんねるサラ】様々なコンセプトのメイク動画や新作コスメのレビューに定評のある美容系Youtuber。今回は26種類のコンシーラーの比較動画になっています。タトゥーシールを腕に貼ってコンシーラーで消えるかの検証なんですが、その見た目に視聴者も騒然としています。

 

コンシーラー26種比較!

コンシーラーっていろんなものがありますよね。スティックタイプやペンシルタイプ、パウダータイプなどたくさんありすぎて結局どれを使えばいいのか迷います。
そこで今回はサラがコンシーラー26種類の比較動画を投稿しているんですが、比較方法はタトゥーシールを貼って消えるかの検証です。
26種類もあるからとサラが用意したのは和彫り風のとってもいかついタトゥーシールでした。こんなに大きなものがあるんですね。
早速貼ってみたところ。

絵面がおかしい。
ナチュラル系の顔面と腕が全くあっておらず、これには視聴者も騒然としました。
さらにサラは夫のダイスケを呼び、見てもらったところ「よく考えますね、尊敬しますわ」と唖然としていました。
サラの奇行は今に始まったことではないのでダイスケもなれているはずでしたが、これには驚いたようです。
しょっぱなからすごいインパクトですが懸賞自体はとても参考になるので早速見てみましょう。

チップタイプ

まずはチップタイプからの検証です。チップタイプはスポットに塗りやすく、液も濃い目なので愛用者が多いですね。

ザセム the SAEM カバーパーフェクション チップ コンシーラー #1.5
出典: amazon.co.jp
ザセム the SAEM カバーパーフェクション チップ コンシーラー #1.5

¥690(税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください。

ザセムのコンシーラーはカバー力が高めでした。液が濃く硬めなのでガッツリ塗れている感じがします。

左側のコンシーラーと比べて、右側のザセムの方が下の柄がすけていませんよね。
また、ザセムの別のコンシーラーでスタジオコンシーラーもこの検証にはいっていましたが、そちらもカバー力が高かったです。
他にもディオールやNARSなど人気のコンシーラーも多かったですが、カバー力だけで言えばザセムのコンシーラーが一番優秀という結果が出ました。
他にもエチュードハウス、セザンヌのコンシーラーも優秀です。

筆タイプ

筆タイプの特徴として、カバー力は弱めですが、塗りやすくお直しに最適だとサラは言います。ファンデーションの上から塗れるものも多いので外出時には1本持っておきたいですね。
チップタイプと比べると液がシャバシャバしていますが、その分塗りやすいです。広範囲に塗るのは向いていないのでスポット用だと思います。

イヴ・サンローラン ラディアント タッチ ハイカバー # 1.5
出典: amazon.co.jp
イヴ・サンローラン ラディアント タッチ ハイカバー # 1.5

¥5110(税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください。

イブサンローランのコンシーラーにハイカバータイプが出たので比較もしています。

一番右がハイカバータイプ、右から2番目が従来のラディアントタッチコンシーラーです。
確かにハイカバータイプの方が濃く、カバーできていますがそれでもカバー力はあっさりめでした。やはりファンデーションのお直し用というのは変わらないようです。
この他にも舞妓はんのコンシーラーも試していました。舞妓はんはカバー力では劣りましたが、日焼け止め効果が高いので日差しのきつい日のお直しに良さそうです。

スティックタイプ

スティックタイプも愛用者が多いですね。クレヨンのような質感のものが多いので筆タイプよりはカバー力がありそうです。
扱いやすくて使いやすいんですが、やや硬めなので塗り広げるとヨレやすいという欠点もあります。

ケイト スティックコンシーラーA ナチュラルベージュ
出典: amazon.co.jp
ケイト スティックコンシーラーA ナチュラルベージュ

¥880(税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください。

スティックタイプの中ではケイトのコンシーラーが優秀でした!硬さもちょうどいいですし、色もなじみやすいので自然にカバーできているという印象があります。価格も安いのでてにとりやすいのも魅力です。

ローラメルシェ シークレットカモフラージュブライト

スティックタイプの中ではローラメルシェもオススメです。パール配合のコンシーラーと高カバータイプのコンシーラーの2wayになっているんですが、高カバーの部分が優秀でした!
青みも消えているので青クマが気になる人に特にオススメのコンシーラーです。

前半終了

腕のスペースがなくなったのでここで一区切りです。こうして見ると赤みや黄いがあって消し方も様々ですね。
評価の高かったザセムの実力が目立ちますがローラメルシェもなかなか高いカバー力です。

ポットタイプ

次はポットタイプの比較です。ポットタイプはカバー力がかなり高いものが多く、どうしても消したいほくろやあざのある人に愛用者が多いです。
テクスチャーとしては演劇に使うドウランに似ていて、かなり硬めのものが多いと思います。

資生堂 スポッツカバー ファウンデイション(ベースカラー) H100
出典: amazon.co.jp
資生堂 スポッツカバー ファウンデイション(ベースカラー) H100

¥1088(税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください。

「やっぱこれレベチですわ」とサラが笑う程の威力を見せたのは資生堂のスポッツカバーファウンデイションです。

これを見るとわかる通り、圧倒的なカバー力で下の模様がほぼ消えてしまいます。広範囲にも塗りやすいのでこれならあざなどもきっちり消滅するでしょう。
ポットタイプはどれもものすごくカバー力が高いのですが、カバー力だけなら資生堂がおすすめでした。ですが、乾燥肌が気になる人にはローラメルシェがオススメだったり質感に結構違いが見られましたね。
重ね塗りもしやすいので、濃いほくろには重ね塗りをするとほとんど消えると思いました。

パレットタイプ

最後はパレットタイプ4種です。パレットタイプには複数の色が入っているものが多く、色を自分でブレンドして赤みや青みなどにあわせてコンシーラーを作れます。
ただ、ブレンドをするのはちょっと上級者向けかと思います。
カバー力は高めですがバランスがよく、乾燥しにくいものが多いです。

RMK スーパーベーシックコンシーラーパクト

RMKのコンシーラーはパレットタイプの中でかなり高いカバー力になりました。大きな鏡もついていますから、外出先でなおすのにも便利そうです。
ポットタイプもパレットタイプも固形タイプのコンシーラーなので、カバー力をひたすら求めるのなら筆タイプやチップタイプよりも固形タイプがオススメです。

まとめ

今回のサラの動画はコンシーラー26種類の比較動画でした。
質感や用途が違うのでどれが最強とは言えませんが、お直しなら筆、バランスならチップかスティック、カバー力重視なら固形タイプと使い分けるとよさそうですね。
衝撃のサムネで驚きましたが内容はしっかり参考になってとてもいい動画でした。

大人気コンシーラー26種徹底比較!最強にカバー出来るのはコレだ!!!

大人気コンシーラー26種徹底比較!最強にカバー出来るのはコレだ!!!
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事