中国の高級料理「牛糞火鍋」とは。

【ヒューマンバグ大学闇の動画】人がバグってしまうような過激な内容を漫画で解説している少しダークな教養チャンネル。今回は主人公の商社マンが中国の貴州省を訪れます。そこで食したスープと、感染した鳥インフルエンザでひどい目にあいます。

 

牛糞火鍋とは

貴州省南東部、広西南西部には牛糞火鍋という料理がある。現地では牛瘪火锅[niú biě huǒ guō]とも呼ばれるそうだ。

この料理は客人を接待するための高級料理である。しかも体に良い薬膳料理だと言うのだ。

火にかける以前のスープは黄緑色である。わずかに腐った草の香りがする。そこへ牛の肉と内臓をブツ切りにしたものを入れて煮込むと牛糞の匂いがしてくる。

味はやや苦く漢方薬の風味を感じる。自分で好きなタレを選んでタレにつけて食べることもできるが、独特の苦みを消すことはできない。

出典: chkai.info

牛糞火鍋を食べて鳥インフルエンザになった結果

中国の貴州省を訪れた商社マンの主人公は、商談成立のお祝いで連れてこられた高級中華料理店で牛糞火鍋を出されます。牧草を食べた牛の胃の内容物を入れたスープは、糞の臭いがきつく、薬膳の苦みも合わさってとても不味いそうです。帰国後、呼吸困難で搬送された病院で鳥インフルエンザと診断されます。原因は中華料理店で扱っていた鶏からの感染。1週間、気道や肺を握りつぶされているような呼吸困難に苦しみ、無事退院できました。

まとめ

牛糞火鍋は薬膳料理であるため、高級で体に良いものとされているそうです。店の衛生管理ができていなかったため、鳥インフルエンザにかかってしまいました。不味い料理を食べさせらえたうえに、気にも感染させられるとは、とても不幸ですね。

【致死率60%】鳥インフルエンザになった佐竹&鬼頭。呼吸が不可能になった。

【致死率60%】鳥インフルエンザになった佐竹&鬼頭。呼吸が不可能になった。
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事