世界一のスピード違反男。究極の改造車によって公道で 320km/h出した。

【ヒューマンパグ大学間の動画】人がバグってしまうような過激な内容を漫画で解説している少しダークな教養チャンネル。今回はスピードに取りつかれた結果、公道で320km/h出して、警察に捕まってしまったカーマニアの男に注目します。

 

スモーキー永田とは

スモーキー永田(スモーキーながた、1963年2月24日 – )とは日本の自動車整備士、自動車のチューニングを専門とする整備工場「トップシークレット」の経営者。北海道野付郡別海町出身。千葉県千葉市在住。本名は永田和彦(ながた かずひこ)。通称スモーキー。

国内においては首都高の料金所ごと、海外においては最高速トライアルのスタート前にバーンアウトを行う事で有名になり、そこから「スモーキー」と言うニックネームで呼ばれる。なお、開通直後の東京湾アクアラインでも行っている[4]。

出典: wikipedia.org

公道で320km/h出した男の末路

「車の整備士である主人公の男は、エンジンを極限まで改造した金色のスープラをイギリスの展示会に出展します。公道を走っている姿を撮影したいと言われてロンドンの高速道路で 320km/hの猛スピードを出しますが、警察に捕まってしまいます。撮影のためにわざとスピード違反をしたことがばれると重罪になるため、しらを切り続けた結果、3万円の罰金とイギリスでの免許はく奪で済みました。

まとめ

320km/hでのスピード違反はイギリスの速度違反史上最速で現在も破られていないため、イギリスのカーマニアたちからは英雄として讃えられているそうです。320km/hは新幹線と同じ速度であることからも、すごさが伝わってきますね。

【実話】スピード違反の世界記録。公道で320km…改造車マニア。

【実話】スピード違反の世界記録。公道で320km...改造車マニア。
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事