イスラエルの実話。パレスチナの兵士がひどすぎる。

【ヒューマンバグ大学_闇の動画】人がバグってしまうような過激な内容を漫画で解説している少しダークな教養チャンネル。今回はイスラエルに住んでいる日本人の女性に着目します。彼女が出くわしたパレスチナの兵士が行った非道な行いとは。

 

パレスチナ問題

イスラエルとパレスチナの紛争(英語: Israeli–Palestinian conflict)は、イスラエル人とパレスチナ人の間で続いている暴力的な闘争である[1]。イスラエルとパレスチナの和平プロセスの一環として、この紛争を解決するためにさまざまな試みが行われてきた[2]。イスラエルがヨルダン川西岸地区とガザ地区を54年間にわたって占領し続けていることから、「世界で最も手に負えない紛争」とも呼ばれている[3] [4] [5]。

出典: wikipedia.org

パレスチナの特殊部隊が行った非道な行い。

パレスチナの特殊部隊が行った非道な行い。
イスラエルで現地ガイドとして働いている主人公の女性は、違法に入国したパレスチナの兵士たちに遭遇します。姿を見られた彼らは、女性を拘束して軍用ブーツで全身を蹴り上げます。それだけでなく、致命傷にならない程度にナイフで体を斬り付けます。このままでは殺されると思った女性は、死んだふりをして彼らが去るのを待ち、彼らが去った後に警察に訴えます。裁判の結果、兵士たちは死刑になりました。

まとめ

この話はイスラエルで実際に起きた出来事を基にしているそうです。人種問題による紛争の根は深く、どちらが正しいとは言い切れません。しかし、何の罪もない女性を一方的に傷つけた彼らの行いは許されるものではないと思います。

【実在】女を凌辱する特殊部隊。軍用ブーツで蹴り…子孫繁栄する。

【実在】女を凌辱する特殊部隊。軍用ブーツで蹴り…子孫繁栄する。
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事