脳が溶ける!?致死率30%の恐怖の病「日本脳炎」とは…

【ヒューマンバグ大学_闇の動画】人がバグってしまうような過激な内容を漫画で解説している少しダークな教養チャンネル。今回は、田舎を訪れた男が感染した恐怖の病「日本脳炎」について紹介しています。脳が溶ける病の実態とは。

 

日本脳炎とは

日本脳炎(にほんのうえん、英語: Japanese encephalitis)は、日本脳炎ウイルスによる流行性脳炎。アジア各地の西太平洋諸国に広く分布する。1871年(明治3年/明治4年)に、日本での臨床事例が報告されたことで、世界に認知された

出典: wikipedia.org

日本脳炎に罹った男の末路。

出張で田舎を訪れた主人公は、大きな蚊に腕を刺されます。その後、光への反応が過敏になり、首が異常に凝り固まります。強烈な吐き気と頭痛に襲われて意識を失い、病院に搬送されます。診断された病は日本脳炎。原因は蚊による病原菌の媒介でした。猛烈な吐き気と頭痛に苦しみますが、治療法はなく対症療法しかありません。それでも1週間後、無事に退院することができました。

まとめ

日本脳炎は、はるか昔に流行った病というイメージがありますが、現代でも、年に数件の発症例があるそうです。ワクチンの接種が義務付けられているそうですが、出身地や生年月日によっては接種していない場合があるので、注意してください。

【実態】1/3の確率で死ぬ「日本脳炎」。嘔吐1リットル…血の涙を流す。

【実態】1/3の確率で死ぬ「日本脳炎」。嘔吐1リットル…血の涙を流す。
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事