いまだ世界で年間13万人の命を奪う「コレラ」に罹るとどうなるのか。

【ヒューマンバグ大学_闇の動画】人がバグってしまうような過激な内容を漫画で解説している少しダークな教養チャンネル。今回はいまだ世界で年間13万人の命を奪う伝染病「コレラ」に感染した男に注目します。

 

コレラとは

コレラ(Cholera、虎列剌)は、コレラ菌(Vibrio cholerae)を病原体とする経口感染症の一つ。治療しなければ患者は数時間のうちに死亡する場合もある全世界の患者数は毎年300-500万人であり、年間28,800–130,000人の死者を出している。これまでパンデミックには分類されておらず、先進国では稀な病気である。最も影響を受けるのは児童である。コレラはアウトブレイクを起こす病気でもあるが、特定の地域では一般的な病気であり、現在もリスクがある地域は、アフリカと東南アジアである。 死亡リスクはたいてい5%以下であるが、医療アクセスに乏しい地域では50%に高まる。歴史的な記録は、紀元前5世紀のサンスクリットにまで確認される。

出典: wikipedia.org

コレラに感染した男の末路

寿司を食べた主人公の男のお腹が雷のように鳴ります。気にせず寝ていると、液体状の大便を漏らしてしまいます。立ち上げると胃の内容物がすべて逆流し、上下の穴から排せつ物が噴出します。病院に搬送された男はコレラに感染していると診断されました。隔離病棟で抗生物質入りの点滴を打ちますが、水分はすべて上下の穴から出てしまいます。胃の痙攣と肛門の痛みに2週間耐えた後、無事完治しました。原因は寿司ネタの魚からの感染でした。

まとめ

コレラと聞くと昔流行した病気であるとか、発展途上国で流行っている病気であるなどのイメージがあると思いますが、動画によると現代の日本でも罹患する場合があるようです。実際に罹患すると排泄物が止まらなくなり、脱水症状で手がしわしわになったり、最悪の場合死亡したりするそうです。感染する病なので手洗い、うがいには気を付けようと思いました。

【死病】排泄物地獄「コレラ」。全穴から出て…脱水で死ぬ。

【死病】排泄物地獄「コレラ」。全穴から出て…脱水で死ぬ。
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事