南アフリカの私刑「タイヤネックレス」犯罪者への恐怖の刑とは……【ヒューマンバグ大学_闇の漫画】

年間約2万件の殺人事件が起こると言われる南アフリカ。 治安を守るために組織された自警団による恐ろしい私刑とはどんなものなのでしょうか。


タイヤネックレスとは

タイヤネックレスとは南アフリカでのアパルトヘイト闘争の中で生まれた残虐な私刑で、生きている罪人に車のタイヤを装着した上でガソリンを注いで火をつけるという恐ろしいものです。
ただの火炙りとは異なり燃えたタイヤが溶けて身体に苦痛を与えることから、非人道的とも言われるほどの処刑方法とされています。

治安の悪い南アフリカ

多くの事件が多発する南アフリカにおいてこういった処刑が行われるのは、一種の見せしめのような考えもあるとされています。
先進国のような法治国家ではなくまだ治安管理の行き届かない発展途上国においては、一般市民の手によって非公式な刑罰である「私刑」が執り行われる習慣が続いているようです。

【実話】タイヤネックレスの刑…首に巻いてガソリンで焼く。

【実話】タイヤネックレスの刑…首に巻いてガソリンで焼く。

関連する記事