江戸時代での火あぶりの刑の恐怖。放火犯には厳しい刑が待っていた…【ヒューマンバグ大学_闇の漫画】

現代でも厳罰に処される放火犯。江戸時代には恐ろしい火炙りの刑が行われていたようです。


たとえ火をつける前だとしても…

放火は沢山の人の命を奪いかねない大きな犯罪です。
江戸時代ではたとえ火をつける前だとしても、問答無用で市中を引き回されて火あぶりの刑に処されたそうです……。

火事を起こした刑罰が重い理由は

一度火事が起きると火をつけて燃えた家だけでなく周辺の家や人々に多大な被害を及ぼしかねません。
そのため放火は昔から厳罰の対象とされています。

しかしそれでも人間は過ちを繰り返します。
今でこそ見せしめのような刑罰は無くなりましたが、絶対にやってはいけないと肝に銘じる必要がありますね。

【残虐刑】火炙りの刑…やり方を解説。江戸時代の放火犯にはコレ。

【残虐刑】火炙りの刑…やり方を解説。江戸時代の放火犯にはコレ。

関連する記事