働けど働けど…。日本人って貧乏になったなあと感じる瞬間4選

【フェルミ研究所 FermiLab】豆知識、雑学、日常の疑問、あるあるネタなどを題材に、漫画で分かりやすく解説しているチャンネル。今回は主人公の女性が納税通知書を見て泣いているのを発端に、日本人の貧困化を実感する瞬間を4つ紹介しています。

 

日本人って貧乏になったなあと感じる瞬間4選

現在、日本では貧困化が深刻な問題となっています。貧困には生活していくことができないレベルの貧困である「絶対的貧困」と、国内の平均水準に達していない貧困である「相対的貧困」があります
。日本ではバブル崩壊による不況や少子高齢化が原因で、相対的貧困が拡大していると言われています。この動画では、そんな相対的貧困を感じる瞬間を紹介しています。

1.税金が高くなる。時給、年収が上がらない。

少子高齢化などが原因で税金が高くなる一方で、給料はなかなか上がりません。日本の昇給率の低さはアジアでもトップクラスだそうです。

2.共働きが増えた。食品の値段は据え置きで量が減る。

一人の収入で家計を維持することが困難になり、共働きを選択する世帯数が右肩上がりです。また、値上げをすると消費が落ち込むため、値段をそのままにして量を減らすなどの工夫をしなければモノが売れなくなってきています。

3.非正規雇用が増えた。奨学金をもらっている大学生が増えた。

企業が人件費を抑えるために非正規雇用社員を増やしています。また、親の収入が低くなってしまっているため、子供が大学へ行こうとすると奨学金という名の借金を必要とする世帯が増えています。

4.フリマアプリが流行る。資産運用、ふるさと納税に興味を持つ人が増えた。

安く購入でき、不用品を打って収入を得ることもできるフリマアプリを利用する人が増えました。また、資産運用やふるさと納税を利用して、貯蓄をふやしたり税金の控除を受けたりする工夫を行う人も増えてきました。

まとめ

近年、コロナウイルスの影響でさらに貧困化が進むと考えられています。専業主婦はもはや絶滅危惧種と言われていますし、定年まで働いたとしても年金で十分な生活ができない人も増えていくのではないでしょうか。節約や副業、国の制度などをフル活用して、将来に向けての貯蓄を増やしていきたいところです。

【漫画】「日本人って貧乏になったなぁ」と感じる瞬間【マンガ動画】

【漫画】「日本人って貧乏になったなぁ」と感じる瞬間【マンガ動画】
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事