あなたも恨まれているかも?一生根に持ってやると思っていること

【フェルミ研究所 FermiLab】豆知識、雑学、日常の疑問、あるあるネタなどを題材に、漫画で分かりやすく解説しているチャンネル。今回は主人公の女性とその友達が一生根に持ってやると思っていることを会話形式で5つ紹介しています。

 

一生根に持ってやると思っていること5選

「根に持つ」とは過去の出来事をいつまでも恨み続けている状態を指します。何かトラブルが起きたときに、その場の謝罪や埋め合わせで事が済めばよいのですが、相手がそれを根に持ってしまい、人間関係がこじれてしまうことも少なくありません。主人公たちが根に持っていることとは一体…。

1.人前で馬鹿にされたこと。いじめられたこと。

学校の教師にみんなの前で「頭悪いな」と言われたり、男子に「ブス」と言われたりしたことです。言った本人はすぐ忘れてしまいますが、言われた方はいつまでも覚えていることが多いようです。

2.友達に裏切られたこと。

貸したお金が返ってこないなど、信じていた友達に裏切られると、より一層大きな傷が残るようです。

3.身内に言われた暴言の数々。

「家事なんて楽だよな」など、相手は軽い気持ちで言ったことでも深く傷つきます。身内だからこそ許せないものがありますよね。

4.自分が気にしていることを言われたこと

「結婚しないの?」など自分も気にしていることを言われると責められているような気持になり、根に持ってしまいがちです。

5.とっておいたプリンを食べられたこと

楽しみにとっておいたのに、勝手に食べられてしまう…。食べ物の恨みが最も恐ろしいのかもしれません。

まとめ

加害者は些細なことだと思っていたり、あっさり忘れてしまったりしますが、被害者はしっかり覚えています。もしかすると、あなたの何気ない一言で、誰かがうらんでいるかもしれません。そうならないよう、思いやりを持った言動を心がける必要があると思います。

【漫画】一生、根に持ってやると思っていること【マンガ動画】

【漫画】一生、根に持ってやると思っていること【マンガ動画】
元サイトで動画を視聴: YouTube.

関連する記事